「とびばこするひと〜?」「は〜い」

0

     

    幼児からお爺まで・・・Chicaちゃんの対象年齢は広い

     

    ハルコさんの音楽同様、体は使うが体育授業のような

     

    堅苦しさを微塵も感じさせないのも特徴だ
     

     

    編集_P1430662.jpg

     

     

    編集_P1430707.jpg

     

     

    編集_P1430736.jpg

     

     

    編集_P1430679.jpg

     

     

    編集_P1430724.jpg

     

     

    編集_P1430712.jpg

     

     

    編集_P1430750.jpg

     

     

    編集_P1430719.jpg

     

     

    編集_P1430746.jpg

     

    音を楽しむのが音楽だとすれば、Chicaちゃんの体育はさしずめ

     

    動くを楽しむ”動楽”かな。もしかすると教えるのも楽しんでいる

     

    彼女の道楽なのかも・・・名コーチに今後も期待したい

     

     

     


    オシゴトの楽しみ

    0

       

      子どもたちにとって、たのしんでするオシゴトは

      いちばんのアソビかもしれない

       

       

      DSCF7052.jpg

       

      大人とちがってアソビとオシゴトのくべつはなく

       

      DSCN4227.jpg

       

      すべての行動はアソビであると同時に真剣な

      オシゴトでもある

       

      DSCF7003.jpg

       

      小さなモノをつまんで別の箱に移動する

       

      DSCF6999.jpg

       

      こうして集中力をつけ、達成感を味わうことで

      さらに楽しみの枠が広がってゆく

       

      DSCN4217.jpg

       

      手芸でもアソビ心があると、いっそう楽しくなり

       

      趣味の世界が広がるとともに

       

      極めれば仕事といわれるものにも昇華するのだろう

       

       

       


      食べたヒトから夏になる?

      0

         

        子どもを送った帰り道、代わりにチャイルドシートに座っていたのは

         

        なんと、いただきもののスイカだった

         

        編集_DSCN42441.jpg

         

        石垣島はスイカの産地でもあるのだ

         

        編集_DSCN4244.jpg

         

        包丁で二つ割ると中からは玉のような赤ん坊が・・・

         

        編集_DSCN4251.jpg

         

        スイカ太郎はいなかったけど、おいしそうな中身は

         

        編集_DSCN4256.jpg

         

        くり抜かれて、それぞれのお皿に分配され

         

        編集_DSCN4255.jpg

         

        みんなでおいしくごちそうになった後は

         

        編集_DSCN4253.jpg

         

        マスクメロンならぬウォーターメロンマスクになった

         

         

        お爺ありがとう。みんなで食べたら一足先に夏気分になりました

         

         


        言ってはなんですが・・・サイコーです

        0

           

          ぴっころの自画自賛のコーナーがやってまいりました

           

          見てください天才たちの素顔を

           

           

          編集_DSCF7089.jpg

           

           

          編集_DSCF7086.jpg

           

           

           

           

          編集_DSCF7071.jpg

           

           

          編集_DSCF7072.jpg

           

           

          編集_DSCF7074.jpg

           

           

          編集_DSCF7065.jpg

           

           

          編集_DSCF7082.jpg

           

           

          編集_DSCF7076.jpg

           

           

          編集_DSCF7083.jpg

           

           

          NOTE:

           

          冒頭に自画自賛のコーナーと書いたけれど、マジすばらしいゾ、これは。

          創作に没頭するキミたちは、とてもいい顔してる。そう、思う。

          しかたなくやらされている姿ではない。描くこと、創作を楽しむアートの原点がそこには感じられる。

          以前、ぴっころのやり方は自由ではあっても放任主義ではない、と書いた。

          ヒトは皆、翼を持って生まれてくる。しかし、最初から自由に羽を伸ばせるわけではない。縮めているうちに退化して飛べなくなってしまうことも多い。自発的に描きたいと思う気持ちをすくい上げサポートしてくれるスタッフとの信頼関係があって、はじめて可能なことなのだ。

          こうして小さな羽の羽ばたきを毎日ブログで紹介できるのも利用者に寄り添って支援をしてくれる個性豊かなスタッフ陣のおかげである。みんなサイコー。

          以上、ぴっころの自画自賛のコーナーでした。

           

           

           

           

           

           


          静かなブーム

          0

             

            さて、今日はどんな髪型にいたしましょうか?

             

             

            編集_DSCF7047.jpg

             

            編みこみにはツインテールもあれば

             

             

            ギリシャ彫刻に出てきそうな髪形もございます

             

            編集_DSCF7007.jpg

             

             

            サロン・ド・ぴっころ 療育事業もやってます!?

             

             

            できる人のデキルを大切に:

             

            スタッフAさんの事業所内身の上相談に加えて、最近、スタッフRちゃんの事業所内ヘアサロンがちょっとしたブームだ、サロン・ド・ぴっころを利用したお客さんは帰りの車内で新しいヘアスタイルを自慢げに見せてくれた。

            学校でも何か得意なものがあると友達は作りやすい。勉強できる子やノートのきれいな子は試験前にひっぱりだこだけど、編み上げができても友達から頼まれ、人気者になれそうだ。

            自分のできることをやってヒトに喜ばれたら、それは本人にとってもシアワセなことだよね。

            だから自分が好きなこと、できることをヒトに求められたら、進んでやってあげよう。お互いに好きなことで奉仕しあえたら、そこには貨幣経済よりも合理性の高い至福がある。と、ボクは思う。離島はビンボーかも知れないが、けして貧しくはない理由がそこにある。

            これだけ立派な手わざなら5ドル取ってもいいかもしれないけどね。

             

             

             

             

             

             

             


            ぴっころ名物

            0

               

              そうそう。このまま目が赤くなるまで待つのよ

               

              DSCF6986.jpg

               

              アイアイサー!

               

              DSCF6985.jpg

               

              もうすぐできるゾ。王蟲の目玉焼き!ワクワク

               

              omu.jpg

               

              いや、いや、いくら待っても目は赤くならないと思うけど

               

              迫力あるぴっころの目玉焼きでした〜

               

               


              ERぴっころ

              0

                 

                鼻もつぶれそうな満員電車のシミュレーション・・・

                 

                ではなくて

                 

                編集_P1430519.jpg

                 

                実はぴっころで行われた心肺蘇生法の講習会です

                 

                編集_P1430445.jpg

                 

                「人が倒れています。救急車を呼んでください!」

                 

                「AEDを持ってきてください!」

                 

                編集_P1430454.jpg

                 

                講習会なので倒れるヒトもAEDもあらかじめ

                 

                準備されているわけですが

                 

                編集_P1430443.jpg

                 

                上半身だけの人体はちょっと不気味でもあり

                 

                編集_P1430491.jpg

                 

                AEDの「離れて、バシッ!!」というのが

                ERの1シーンのようでもあり

                 

                編集_P1430490.jpg

                 

                こんなにヒトが倒れているシーンは見たくないけど

                 

                編集_P1430497.jpg

                 

                先生が未婚の若い男性講師だったこともあってか

                みな熱心に取り組んでいたのであります

                 

                編集_P1430457.jpg

                 

                マネキンさんが袋に入れられ帰って行く姿は

                ちょっとしたサスペンスでありましたが

                 

                編集_P1430514.jpg

                 

                 

                生身の人間だったらTVドラマでは済まず、果たして

                教わったように迷わず対処できるんだろうか

                 

                いろいろ考えさせられた救急救命@ぴっころなのでした

                 

                 

                 


                もう運動会とは言わせない!?

                0

                   

                  台風5号の影響をうけて雨がパラついたりもしたが

                  キッズの通う中学校では体育祭があった

                   

                  P1430166.jpg

                   

                  6月の梅雨時はグランドで見てるだけでも蒸し暑い

                   

                  P1430216.jpg

                   

                  雨では足らず競技の間にはグランドの水撒きも

                   

                   

                  400mリレーでバトンを持つキッズ

                   

                  P1430224.jpg

                   

                  流し撮りで少しでも速くみせようという父の愛

                   

                  P1430229.jpg

                   

                  中学校となると体育授業の一環で集落行事の色彩は薄い

                   

                  P1430176.jpg

                   

                  小学校とは体格が違い親の出る幕はない

                   

                  P1430240.jpg

                   

                  それらしい雰囲気の写真も撮ってみる

                   

                  P1430214.jpg

                   

                  中学校では3年に一度の体育祭が1年生で終わった

                   

                  P1430295.jpg

                   

                  もう親子一緒にお弁当を食べる機会もないんだろうなあ

                   

                  こうして、末っ子のイベントがひとつ過ぎるごとに

                  親の仕事もひとつづつ幕を閉じてゆくのだろう

                   

                  学校で一緒に食べるお弁当。次は孫か?

                   

                   


                  曼荼羅入門編

                  0

                     

                    こつこつやってみようのコーナーです

                     

                    編集_DSCF6886.jpg

                     

                     

                     

                    編集_DSCF6889.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN4121.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN4122.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN4123.jpg

                     

                     

                    部屋をよごすこともなく、作業途中での保存も簡単なシール曼荼羅

                     

                    ご家庭でもやってみてくださいね

                     

                     

                     


                    ホットケー?いや放っとけない!

                    0

                       

                      ぴっころのおやつはホットケーキ

                       

                      編集_DSCF6812.jpg

                       

                      Kちゃんが混ぜているとおいしいホットケーキ

                       

                      編集_DSCF6810.JPG

                       

                      放っとけ〜ないとすかさずSM君が参入する

                       

                      編集_DSCF6842.jpg

                       

                      焼けるのを待つ時間は空想の世界に・・・そして

                       

                      編集_DSCF6844.jpg

                       

                      キツネ色に染まったホットケーキはお皿の上に

                       

                      編集_DSCF6849.jpg

                       

                      金魚すくいのようにすくい上げられた

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/161PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM