ぴっころコンサート=mini=

0

     

    ステージ前、プロミュージシャンが集まる楽屋部屋

     

    ”ぴっころ”のもうひとつの顔です

     

     

    編集_DSCN9577.jpg

     

     

    編集_WS00022s4.jpg

     

     

    編集_WS000223.jpg

     

     

    編集_WS000224.jpg

     

     

     

    時々、音楽活動のために石垣島に来られるプロのミュージシャンたちとドイツで音楽やフルートの修行をしてきたCちゃんが、本番前のリハーサルをかねてぴっころでコラボレーション。

    音楽好きの利用者の前でミニミニコンサートも披露してくれました。

     

     

     


    ピアノをめぐる人間関係

    0

       

      鍵盤はボタンやスイッチではありません。人によって、気分によって

       

      いろいろな音色で空気を震わせます

       

       

      編集_DSCN9465.jpg

       

       

      編集_P1210432.jpg

       

       

      編集_DSCN9519.jpg

       

       

      編集_WS000214.JPG

       

       

      編集_WS000211.jpg

       

       

      編集_DSCN9507.jpg

       

      温度でも湿気でも変わってしまう繊細なアナログピアノの響きは

       

      弾く人の気分次第でもバラエティに富んだ音楽を奏でます

       

      ぴっころでは人生のBGMとして、様々な人を結びつけているのです

       

       

       

       

       


      幸せのツボ

      0

         

        Miちゃんはピアノが好き

         

        編集_P1600486.jpg

         

        ハルコさんと一緒にピアノで遊ぶ時間は

         

         

        編集_P1600491.jpg

         

        おやつとともに、ぴっころでの楽しい時間

        思わず顔もほころぶ

         

         

        編集_P1600485.jpg

         

        笑顔の時間が増えること。それは人生での幸福が

        増えることなのかもしれない

        一生、楽しく続けて行けたらいいね

         

         

         


        叩けよ、さらば開かれん

        0

           

          叩いてみればわかる打楽器の魅力

           

          編集_DSCN0885.jpg

           

           

          編集_DSCN8437.jpg

           

           

          編集_DSCN8432.jpg

           

           

          編集_DSCN8427.jpg

           

           

          編集_DSCN8425.jpg

           

           

          編集_DSCN8421.jpg

           

           

          編集_DSCN8420.jpg

           

           

          編集_DSCN8419.jpg

           

           

          編集_DSCN8418.jpg

           

           

          ハルコさんの新楽器

           

          ヒトにも手足の長い短いや身長の高い低いがあるように、鉄琴にも長い、短いがある。

          支持間の長さの違いゆえ物体は固有の振動数を持ち特定の音階をもつ。

          支持間隔が短ければ高い音、長ければ低い音。そう、いろいろな長さがあって、いろいろな音の高さがあって、これらを組み合わせることで変化に富んだメロディが奏でられるのだ。

          もしヒトも各人の個性がなく、統一規格品でみな同じ身長だったら世の中はつまらないだろう。

          幸い身長に限らずヒトは顔かたちから、髪の色、肌の色まで生まれながらにみな違う。この違いを認め合い、響きあい、楽しく演奏ができたなら、世界はもっと平和で楽しくなるとボクは思う。

          ヒトは叩いちゃいけないけれど、打楽器をぞんぶんに叩いてごらん。文明開化の音がするかも・・・

           

           


          タオライヤーのある風景

          0

             

             

            編集_oct0016.jpg

             

             

             

            編集_oct0030.jpg

             

             

             

            編集_oct0020.jpg

             

             

             

            編集_oct0027.jpg

             

             

             

            編集_oct0014.jpg

             

             

             

             

             

             

            編集_oct0018.jpg

             

             

             


            ラテン系ライヴはハイクオリティ

            0

               

               

              編集_DSCN8556.jpg

               

               

               

               

              編集_FBO005.jpg

               

               

               

               

              編集_FBO006.jpg

               

               

              編集_DSCN8636.jpg

               

               

              編集_DSCN8631.jpg

               

               

              今日はぴっころにプロのミュージシャンたちが遊びに来てくれました

               

              フルートとピアノの音に静かに聞き入る女子に対し・・・

               

              きれいなお姉さまたちに男子はノリノリ失神寸前!

               

              オジサンは音楽の楽しみはいろいろあっていいと思います

               

               

               


              ホっとスプリングス@タオライヤー

              0

                 

                タオライヤーは耳で聴いているのでは

                 

                ないのかも知れない

                 

                編集_DSCN0256.jpg

                 

                じわ〜っと温まる温泉のように震える空気に

                 

                ゆったりと身をひたす感覚

                 

                編集_DSCN0251.jpg

                 

                それはきっと温泉ではなく音の泉、音泉なのかも知れない

                 

                身体まるごと浸かっちゃってください

                 

                どっぷりと

                 

                 


                タオライヤーのある風景

                0

                   

                  楽器をうまく演奏するというよりも・・・

                  刺激をたのしむ、それがだいじ

                   

                  title.jpg

                   

                  指を使い耳が楽しむとき脳も楽しんでます

                   

                   

                  そんな豊かな感性との対話が個人の幅を広げます

                   

                   

                   

                  理屈なしにアナログなセンスを磨けるのは今のうち

                   

                  たくさんたくさん五感を味あわせてあげてくださいネ

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  ピアノやってます

                  0

                     

                    人間として生きること。そこには目から入る情報とともに

                     

                    耳から受け取るセンスがたいせつだ

                     

                    編集_DSCN0226.jpg

                     

                     

                    響け心に、耳は脳に通じる伝声菅だ!

                     

                     

                     

                     

                    撮影の都合上、クッキングやアートや体操シーンが多いので

                     

                    勘違いされそうですが・・・

                     

                    実はぴっころ、音楽療法をやっております

                     

                     


                    お見送りの儀

                    0

                       

                      ハルコさん研修中、タケさんが手伝いに来てくれました

                       

                      P1580801.jpg

                       

                      子どもたちのお相手をしてくれて助かったのだけれど

                       

                      P1580839.jpg

                       

                      本当はウクレレを披露しに来てくれていたのでした

                       

                      P1580823.jpg

                       

                      最後にNちゃんのお見送りのときに演奏してくれて

                       

                      P1580846.jpg

                       

                      Nちゃんもお母様もノリノリ

                       

                      P1580823s.jpg

                       

                      Nちゃんを見送るとタケさんも一緒に帰ってゆかれました

                       

                      また、ゆっくり演奏しに来てくださいね〜

                       

                       

                       


                      | 1/14PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM