子どもが子どもを育てる

0

     

    おままごとは友達と食卓を囲むことに始まり、住む家を確保し

     

    子育てをすることで深まってゆく

     

    編集_DSCN7464.jpg

     

     

     

    編集_DSCN7468.jpg

     

     

    編集_DSCN7473.jpg

     

     

    編集_DSCN7474.jpg

     

     

    編集_DSCN7477.jpg

     

     

    ぴっころではダンボールシンクで調理をし、食器やファルトの野菜を並べて食卓でおままごとをしていた子どもたちのカップルにもやがて赤ちゃんができて、子育てという新しいジャンルのシミュレーションがはじまっている。

    周囲では自分だけが子ども、今までのお世話になる一方的な関係から、面倒をみてあげる対象が生まれることで、少しだけ大人になった責任感が感じられ、見よう見まねでしてあげていることは、日ごろ自分がされていることの反映であることもわかる。

    こうして命を繋いでいるのが生命であり家庭であるという意識が生まれると人生にリアリティが増すのかもしれない。

    もっとも、おままごとをしている子どもたち本人よりも、少子化で忘れかけている我々、大人たちがもっと持たねばいけない感覚なのかも知れない。

     

     

     

     

     

     


    育児新時代

    0

       

      み〜ちゃんも、ま〜君もみんなの人気者

       

      編集_DSCF8203.jpg

       

      女の子にばかりに、任せておけないとKs君も育児に参加

       

      編集_DSCF8190.jpg

       

      まんざらでもないご様子。将来は子育てに協力的な

       

      イクメンになれるかな?

       

       

       


      ただものではない

      0

         

        このモノゴシ、このツラガマエ

         

        WS000816.jpg

         

         

        WS000820.jpg

         

         

        WS000817.jpg

         

         

        WS000815.jpg

         

         

         

        Sr君のみごとなパフォーマンス

         

        学校に郷土芸能部があるといいね

         

         

         


        怖くないカイダンバナシ

        0

           

          どうしたんだろう?ぴっころに向かう階段、いつものように

          ひこうとした手を振りほどいて一人で登ってしまった

          そして帰り道、階段を一人で降りようというのか?

           

          first.jpg

           

          手を引いてもらわなくても大丈夫!彼の行動から

          ボクはその決意を確実に感じ取った

           

          2.jpg

           

          何度か踊り場で往きつ戻りつ逡巡した後、とうとうその一歩を

          一段下のステップへと踏み出した

           

          3.jpg

           

          階段を降りるのは登るよりも数段むずかしいと思うけれど

          手すりもない壁をうまく使い、はずみがついたように

          彼は一機に階段を下りてきた

           

          last2.jpg

           

          ここまで来たら手すりにも手が届く、先が見えた彼は

          スタスタと地面まで到達

           

          last1.jpg

           

          やった〜!!感動に浸っているボク

          「何おどろいてんの?実力だよ」と言わんばかりに

          さっさと車に歩いて行ってしまった

           

          last.jpg

           

          すまん。オジサンはキミを甘く見ていた

           

          聞けば夜、お母さんと一緒に階段の登り降りを練習

          したんだって、知らなかった。強く願えば成長する

          母の愛と若さって素敵だ

           

          こんな時代もあったよね

           

           

           


          人生は誰のものか

          0

             

            ステージの表舞台から去る歌姫が居れば、現世を去る女優もいる

             

             

             

             

            アムロちゃん引退で騒いだ翌日の話題が樹木希林さん逝く

             

            というのも不思議な縁なのかも知れない

             

             

             

             

            いや、何も縁などない。かっこよくステージで踊る安室奈美恵と

             

            「それなりに」のこのCMの樹木希林では差がありすぎる

             

             

            3186324631c482391114a4f57eb3ba07.jpg

             

             

            容姿は安室奈美恵ちゃんと違ってあまり真剣に見てないので

             

            ボクはこの方と希林さんを間違えていたくらいだ

             

             

             

            幸せな人生とは:

             

            確かに安室ちゃんと希林さんでは姿カタチもファン層も相容れるところはないのかも知れない。

            だが自分のスタイルを貫き、与えられた環境をものともせず自分の幸福は自分で考えるという主体性において彼女たちは尋常ではなく、ある意味対極的にソックリだということに気づいた。

            ファンのことを考え、ステージでは最高のパフォーマンスをし、自らの判断で表舞台から退いたアムロちゃん、そして人生の幕は神に委ね、どんな苦難も女優業の肥やしとして最後まで演じきった希林さん。

            二人を見ていて人生における幸福とは何かを考えた。

            話を本題の樹木希林さんに戻そう。

            ボクの最初のイメージでは若い頃から老け役の似合う悠木千帆だった。それが勝手に名前は変えるし、離婚騒動はわけわかんないし、本木雅弘の義母なの?わ、ビックリ!みたいなハチャメチャなオバサンだというイメージしかなかった。

            でも亡くなって特集が組まれ、希林さんの生前の一言一句が紹介されると、ボクにはその本音がよくわかった。

            「ねえ、可笑しいでしょ?」と自覚しながら話す内容には一般市民はギョっとしても、彼女の素直な気持ちだし、ボクには、すんなり理解できるものだった。そして彼女に気負ったりブレたところは感じられない。場の空気ではなく、自ら考え思ったことを素直に話すところではアスペルガー仲間なのかも知れない。

            DV夫の側から離婚届を出されてるのに「ワタシは別れないわよ、彼はまだ主人の役割を果たしていないもの」と平然と言う対応はきわめてクールだよね。「結婚してなきゃ、別れられないわよ。ワタシと離婚話がしたいなら、ちゃんと結婚生活してからにして」というメッセージは強烈で内田裕也よりロックだぜ、まさに人生の論客だ。

            そして彼女には次々と病魔が襲う、視力を失い、乳房を失い、彼女は何かを失うたびに持っている人にはわからないモノの見方を獲得して蓄え女優をきわめてきた。自分の命を奪うかも知れない癌にさえ、ワタシに会う時間をみな大事にしてくれるから最高の病気とさえ言ってしまう。

            彼女の幸福論は、やれ政治が悪い、DVだ、パワハラだと自分の不幸を周囲のせいばかりにする風潮からは考えられないほど謙虚で深遠で、どんな状況でも自分の幸せは自分で手に入れるものという積極性に満ちている。

             

            翻って我々の療育の最終目的も本人の幸せだとすると、よく考えなくてはいけないテーマだと思ったのであった。

            かく言うボクも失って得るものはこれから多いのだろう。

            歳をとると本当に不便だ。近くを見るにも遠くを見るにもメガネを探さないといけない。でもこうして失われてゆく視力によって世の中の裏側を見通す眼力がついてきているのかも・・・そんなことを考えた敬老の日であった。

             


            寄り添うチカラ

            0

               

              スタッフAさんの娘さんで本島にて福祉を学ぶCちゃんが

              ぴっころにお手伝いにやってきてくれた

               

              DSCF0384.jpg

               

              Cちゃんは、子どものころから、すでにお母さんみた〜い

              そう思うほど母性に溢れていましたが

               

              DSCF0375.jpg

               

              日ごろはAさん命のKs君だが、ひさしぶりの彼女に

              何の違和感もなく、なついてしまい

               

              DSCF0380.jpg

               

              ここは、ぴっころというよりは「沖縄のお宅拝見」

              そんな風情を漂わせていたのであります

               

              DSCN5926.jpg

               

              同じ目線で寄り添う。CちゃんにはAさんゆずりの天性の福祉

              に不可欠な資質を感じるワタシです

               

               

              さらに、さかのぼるとCちゃんのおばあちゃんにそのルーツが

              あるのかも・・・ふと面倒みの良い婆ちゃんの顔が浮かんだ

               

               

               

               

               

               


              That’s 好奇心

              0

                 

                なんだろうと、まずは見てみよう

                 

                DSCF8127.jpg

                 

                もう少しよく確かめてみよう

                 

                DSCF8122.jpg

                 

                自分でやってみよう

                 

                DSCF8124.jpg

                 

                人類の発達の歴史がそこにある

                 

                 


                極めてみようワタシの流儀

                0

                   

                  料理シミュレータを使った調理の研究

                   

                  編集_DSCF4715.jpg

                   

                  新川の巨匠は新しいメニューを開発中だ

                   

                  編集_DSCF4704.jpg

                   

                  そして穴があくほど熱心に眺めているのは

                   

                  編集_DSCF4702.jpg

                   

                  博士が愛してやまない電車の図鑑だった

                   

                  編集_DSCF4696.jpg

                   

                  ハッピを着てChicaちゃんとノリノリの彼氏はというと

                   

                  編集_DSCF4694.jpg

                   

                  太鼓にし〜し〜と、己の芸の道を磨いていた

                   

                   

                  一方で未就学の彼女はというと・・・

                   

                  編集_DSCN2787.jpg

                   

                  リュックを背負い、手さげ袋をいっぱいさげて

                   

                  荷物の多い小学生を予習中だ

                   

                  いま楽しいことを極めたら、きっと明日は見えてくるはず

                   

                   

                   

                   


                  ぴっころの電車博士

                  0

                     

                    電車が大好きなKn君、Nゲージのダイキャストモデルを

                    買ってもらったらしい

                     

                    DSCF4298.jpg

                     

                    どうやら、それはJR東日本のE257系と呼ばれる

                    電車で「あずさ」「かいじ」系統で中央本線にて

                    運用されている・・・と、図鑑にはある

                     

                    DSCF4295.jpg

                     

                    オッ!これは良く出来ているぞ。と、食い入るように覗き込むKn君

                     

                    DSCF4296.jpg

                     

                    E257あずさだ・・・電車オタクの横顔は、もう、目が真剣だ

                     

                    DSCF4297.jpg

                     

                    電車男の血が騒ぐ。さっきまで、階段のぼりで疲れて半ベソだった

                    Kn君も満面の笑顔にかわった

                     

                    P1610544.jpg


                    もっとよく調べてみよう。燃え上がる好奇心で図鑑をめくるKn君

                     

                    DSCF4304.jpg

                     

                    飛行機オタクが航空図鑑で1日あそべるように電車オタクにとっても

                    図鑑は必携。いつも見ている電車図鑑はよだれでシワシワになっても

                    いますが、のめり込める世界があることは重要だと思う

                     

                     

                    NOTE:

                    Kn君を車に乗せてデコボコ道を走ると「がたん、ごとん」と、カワイイ声がする。

                    「ごちゅういください。でんしゃがまいります。」そんな駅構内アナウンスを送迎中の車内で聞けたりもする。

                    そう、彼は電車マニア。はまり具合はオタクといった方がしっくりするかも知れない。

                    沖縄に電車はないが内地に行ったときに乗ったり見たりして電車の魅力にとりつかれたようだ。

                    残念ながらボクは飛行機オタクで電車の世界は皆目、分からないけれど、その楽しみは共通だと思うのです。

                    ボクは子ども本人が何かに興味を持つとき、芽生えた興味を伸ばせるように周囲のオトナたちはサポートしてあげて欲しいと願っています。

                    子どもたちが興味の対象を穴があくほど見つめ、熱心に図鑑を調べているときの脳は、水が砂に吸い込まれるように知識を吸収しています。

                    この好きなことをもっと知りたいと願う気持ちは子どもが本来持っている性質なのですが、成長するにつれ「知りたい」ではなく「知らなきゃいけない」ことが増えて行き、「そんなことも知らないの」と言われ勉強するのがイヤにもなったりするのです。

                    幼児期は学びを無為に楽しめる人生のチャンス。興味は知識の原動力、誰でもが**博士になれるこの時期に彼らの無限の好奇心を満たしてあげてください。

                     

                     


                     


                    良いおしごとしてるね

                    0

                       

                      子どもたちは遊ぶことが好きだと思われている以上に

                       

                      お仕事が好きだったりします

                       

                      編集_WS000437.jpg

                       

                       

                      今回は、じゅうたんマットをつなぐお仕事をまかされて

                       

                      編集_WS000443.jpg

                       

                      はげむ姿は、どこか職人をおもわせます

                       

                      編集_WS000434.jpg

                       

                      継ぎ目の浮きを気にしてモミジのような手が動きます

                       

                      編集_WS000440.jpg

                       

                      破るのや、ちぎるのならボクに任せてと、U君登場

                       

                      編集_WS000445.jpg

                       

                      自分のできる仕事をすることで、子どもの表情が

                       

                      変わることが分かります

                       

                      編集_DSCF3302.jpg

                       

                      大人でも、子どもでも、お仕事は人間を成長させるもの

                       

                      なのかも知れませんね

                       

                       


                      | 1/7PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM