ANAの飛行機を紹介します

0

     

     

    クラシックなB737−500、石垣〜那覇便ではおなじみですが

    現在、退役の進むもっとも古いB737です

     

    P1400206.jpg

     

    そしてこちらはB777−200.石垣島にやってくる

    飛行機の中でもっとも大きな飛行機です

     

    P1400214.jpg

     

    そしてこちらは最も新しく今までの飛行機とは

    素材の異なるB787−8

     

    ana.jpg

     

    Rh君がつくって見せてくれたものです。主翼の後縁にフラップが

    ついていたり、独特のこだわりと飛行機への愛着を感じます

     

     

    アールブリュット的:

     

    飛行機の好きな男の子がいるよ、ということで最近つくったという作品を見せていただいた。

    僕はこういうのを見るとムフフと思ってしまう。

    これははじめてアールブリュットを見たときの気持ちに似ていると思う。細かいところにこだわってはいるけれど、全てが写実的にできているわけではない。

    作品を見ていると一生懸命つくっている様子が浮かび、作者の対象への熱い想いを肌で感じるとともに、同じ感性を持つ人に深い共感を与えるのだ。

    そこには他人に見せるためにではなく、こんなものが欲しいという作者本人の魂そのものの描出がある。言葉以上に明確なメッセージとして、もっともっと自由につくって見せてほしいと思う。

     

     

     

     

     


    子どもと遊んでますか?

    0

       

      ゴールデンウィーク。皆様いかがお過ごしでしょうか

       

      編集_WS000438.jpg

       

      ぴっころもスタッフ研修で7日までお休みをいただいております

       

      編集_ruway.jpg

       

      腰を痛めてしまい、おうちでキッズとGOOGLE EARTHを

      使って基地巡り。飛行機探しの旅をしてます

       

      編集_photo.jpg

       

      その中でヘンな飛行機を見つけてしまいました

      えらい頭長いな〜

       

      編集_dwg.jpg

       

      いろいろ考えて、この飛行機では?と思ったのですが写真では

      実際よりも主翼と尾翼がくっついて見えます

       

      編集_sakuzu.jpg

       

      そこで考えました。図面では平面図は真上から見た姿になりますが

      写真の場合はそうとは限らないのではないか

       

      編集_souzou.jpg

       

      果たして、斜め後ろ上方から見た図を作図してみたところ

      写真と同じ比率を作り出すことに成功しました

       

      編集_WS000437.jpg

       

      以上、安近短の極み。動かないで旅をしながら、子どもと

      仲良く遊ぶ方法でした

       

       

       


      エコなフライング倶楽部

      0

         

        メンバーもそれぞれ中学校に進学したフライトぴっころ

         

        編集_P1380657.jpg

         

        キッズが小学校の卒業式にプレゼントされたヘリウム風船を

        飛行船化し室内飛行会に望んだ

         

        編集_P1380655.jpg

         

        体育館では天井が高く使える。浮力とパワープラントを調整

        して上昇力をアップ、天井フライトを狙う

         

        編集_P1380619.jpg

         

        また、コンデンサーを使ったEプレーンも前回のA君の

        前翼形式の発想を発展させた機体で望んだ

         

        編集_P1380649.jpg

         

        今回特に、注力したのは機体の軽量化による

        上昇力の増大だ

         

        編集_P1380636.jpg

         

        胴体をスチレンボードからバルサ材に変更、更にコンデンサ容量も

        10Fから3Fへと重量削減して必要パワーの低減を図った

         

         

        フライト結果は上記動画にまとてみましたので、珍しいフリーフライト飛行船の

        飛行シーンとともに

        航空班の近況として参照いただければ幸いです

         

         

        花開くアスペルガー編:

         

        中学生になると教科に技術も加わり、工学系の要素が加わってくる。すると俗世間ではちょっと浮いたアスペルガー的な発想というのが、強みに転化できる局面が増える。と、ボクは考えている。

        先日のサラリーマン山崎シゲル君のような突飛な発想が企業にとって人材と認められる面も出てくるのではないかと思っているのだ。

        でないと彼があの部長の下で長くサラリーマン生活を続けられるわけがない。

         

        何を言いたいのかというと、学校を卒業して創造的な職業についた場合、ヒトの考えないような非常識な発想を必要とされること。

        学校教育の中で学ぶ常識によって自由な発想を抑制されにくいアスペルガーは、そこで思わぬ力を発揮する場合もあるかもしれない。と、いうことだろうか。

        事実、山崎君は使えるか使えないかは別として、社内でいろいろな発明をし部長を驚かせている。百歩譲ってこれらが何の役にも立たない発想だったとしても漫画のネタには十分で読者に笑いを提供している。

         

        思えば、そんな経験がボクにもあるし、いま見ている子どもたちにも多かれ少なかれあると思っているので、常識的ではない部分でお手伝いができたら幸いと思う。

         

        今回の航空班のインドア飛行会では、先日の飛行船を更にパワーアップし、フリーフライトの飛行船に挑んだ。

        このフワフワした風船を使い、いかにして体育館の空間を目一杯利用して自由飛行を楽しむか。

        常識的に遊ばないボクたちは、どの程度の浮力があるのかから、計測を始めた。

        面白いことに気体1molは、種類によらず22.4リットルということが知られているが、このジャンボジェット型の飛行船の容積はこの22.4リットルにほぼ近いことがわかった。

        すると中身はヘリウムだから、周囲の空気(酸素1:窒素4)の分子量のと差で28.8−4=24.8g程度の浮力がある計算である。

        更に機体の風袋が約18gと計測されているから、実際に機体に働く浮力は24.8-18=6.8g程度。この浮力よりも取り付けるパワーユニット(モーター+コンデンサ+スイッチ+配線+取り付け構造)が軽ければ何もしなくても浮ける。プロペラを回すだけで浮いて進んでゆける算段だ。

         

        しかし、空気よりも軽いということは、そのまま手を離せばどんどん揚がっていって天井に張り付いて終わりになることは誰の目にも明らかだ。これでは困る。機体重量は浮力よりも若干、大きい必要がある。

        また、この状態でプロペラの推力を利用して上昇し、再び地上に戻るには以下の方法が考えられた。

        すなわち機体の下側に推力線を設定し、推力の強い間は風船部の空気抵抗が推力線よりも上部にあることを利用してピッチアップさせ推力の垂直成分によって上昇、コンデンサに蓄積された電気を消耗し推力が低下すれば、この垂直成分は減少・消滅し、自然に浮力よりも重たい重量によって再び地上に戻るというものだ。

         

        こうしたコンセプトをもとに重量範囲を設定し、その範囲で収まりそうなパワーユニットの組み合わせを探した。

        そんなわけで、ぴっころ内で飛行させた前回はほぼ中性浮力に調整したが、今回は空気よりも重く、そして推力も大きくなっているのが体育館フライヤーの特長だ。

        動画で見ていただいたとおり、かなりピッチアップが強かった以外は想定に近く上手くいったと思う。

        が、外を持って歩くにも軽く体積の大きな飛行船は傷つきやすく扱いにくいこと、何かの拍子に構造の一部でも落下すると回収不能になることから重航空機とは異なる神経を使うこともあわせて理解できた。またヘリウムも高価で扱いも難しく、1週間もするとしぼんで使用に耐えなくなるなど、エコで静かな可能性がある乗り物の割りに飛行船がメジャーにならない理由もこの辺にあるのかな、と思われた。無尽蔵の空気と比べるヘリウムは11.6リットル入で1000円するのだ。

        でもテールをぴくぴくさせながら上昇してゆく様は可愛かったなあ・・・

         

        以上、だからなんなんだ?と言われたらそれまでだが、楽しそうだなあと思ったことに思いを馳せ、学校の教科にもなければ、入試にも出ない問題をあれこれ考えるにはアスペルガー的特長は向いている。

        ボクはそう思うし、もしこれが何かのお役に立てたなら、自分が楽しんだ上に更なるシアワセである。

         

         

         

         

        飛行船はカワイイ。プルプルお尻を振りながら上昇してゆく様は格別だ。手はかかるし大量高速輸送時代には航空の用に供するには適さなくても楽しそうなフライトシーンを見て人々が笑顔になれたらそれだけでも充分、飛行船の存在意義はあるのではないだろうか。

         

         

         

         


        春休みキッズの土産話

        0

           

          春休みを利用して東京に行っていたキッズが石垣に戻ってきた

           

          撮った写真を見せてもらい、ぶったまげた

           

          編集_IMG_8192.jpg

           

          都立航空高専が、今では東京都立産業技術高等専門学校という

          なんだか長くて覚えられない名前の専門学校なっていて

          一般公開の日に内部を見せてもらったのだという

           

          編集_IMG_8183.jpg

           

          驚いたことに教材でもある展示の航空機を見ると、まさに日本の

          航空史をつづる上で重要な機体ばかりだ

           

          編集_IMG_8099.jpg

           

          このクリスレア スーパーエースなど、名前のとおりレアすぎて

          ボクも、その存在すら知らなかった機体で目を疑った

           

          編集_IMG_8097.jpg

           

          東洋航空のフレッチャーなど、古いマニアでもなければ知らない機体

          ボクの記憶の中にも白黒写真でしかないのに、なんとカラーの現物だ

          しかも、ここは2機も保有してて状態も悪くなさそうだ

           

          編集_IMG_8094.jpg

           

          天井から吊るされたフレッチャーは複座の攻撃型で翼下のパイロン等をみると

          コイン機でしょう。これを日本が海外に輸出しようとしていたのだから

          秘めた歴史を今に伝える重要な航空遺産といえるでしょう

           

          どうか、お大事にされてください!

           

           

           

           

           

           


          風船ひこうき・その後

          0

             

            キッズの卒業式にOさんから、いただいた風船ひこうきの

            その後をお知らせいたします

             

            編集_husen.jpg

             

            実は、既にお持ち帰りの時点で我々は思いついてしまったのです

            ム・フ・フなことを

             

            編集_up.jpg

             

            このままだとタダのヘリウム風船でボールでもキャラクタでも

            みんな同じだけど・・・こうなるのでは。と。

             

             

             

            先日のコンデンサとプロペラのモーターユニットを付けたら

            飛行船っぽいひこうきができあがりました

             

             

            ゆっくり静かに飛ぶエコロジースローフライトをお楽しみください

             

             

             

            テクニカル・レポート:

             

            航空の世界では、こうした動的揚力ではなく、飛行船のように空気の浮力に頼った飛行の仕方をする航空機をLTA(Lighter-Than-Air)と呼びます。すなわち空気よりも軽い航空機という意味です。

            そして今回、いただいたヘリウム風船は、Oさんがキッズの飛行機好きを知っての贈りものだったため、幸いにもジャンボジェットというHTA(heavier-than-air)の形状をしておりました。

            これにプロペラ付けたら微妙なバランスで面白い飛行をするのではないか?そう思った瞬間から「超フワフワ」のことで頭の中が一杯になるのが、この親子の社会的問題行動の源であります。

            さっそく、家に帰ると適当なパワーユニットから探り始めました。浮力を測ってみたところ、6g以上の余裕があることがわかりました。

            (風船屋さんはその辺りはよく考えたもので、この風船の浮力よりも重い取手をぶら下げて、うっかり野外で手を離しても成層圏にサヨナラ〜とならないようにしているのですね。)

             

            今回、想定する飛行として上昇も下降もできなくては面白くないので、6gよりも軽いことを条件にマイクロモーターのダイレクトドライブでコンデンサーには3Fの容量のものをセレクトしました。

            これを飛行船のゴンドラよろしく、ジャンボの腹にぶら下げるという手法です。また重量は鉛のウェイトで調整します。

            取り付ける場所としては胴体下部にしか取付けにくい構造もありますが、重心より下にぶら下げることでプロペラの推力が大きなうちは機体に頭上げのモーメントを生じさせて、推力の上向き成分で上昇。プロペラが止まるとこの成分がなくなり、最初に中性浮力よりも少しだけ重くセットした重量バランスにより降下してくるという線を狙いました。

             

            実際に飛ばしてみると・・・なんといってもカワイイ!!イルカ系、癒し系のオモチャです。

            ゆっくりと空中を進むそのお姿は、まるで宮崎アニメの空想の世界そのもので、なぜか収束しにくい横揺れもあってか動きも生き物チックなんです。

            技術的には中性浮力や推力線を調整するのが、かなりセンシティブな作業であることも分かりました。また飛行速度が遅すぎて少々、推力線を曲げても舵をつけてみても曲がらないのが今の課題です。

             

            さっそくキッズはiPadを使って動画を編集、ゆっくり、のんびり、そして乗り物酔いするぴっころ航空を設立してしまいました。頭の中で。

            最後になりましたが、卒業にあたり素敵な贈り物をくださったスタッフOさんありがとうございました。フライトぴっころのかっこうの素材にさせていただきました。

             

             

             

             

             

             


            舟蔵公園はバリのかほり

            0

               

              A君が家族旅行で行ったバリのお土産

              それはドラゴン凧

               

              編集_P1350054.jpg

               

              以前、中国製の鳥凧を扱ったことがあったが、竹を使った

              アジアンな構造では、類似点が見られる

               

              編集_P1350067.jpg

               

              竹を使う利点は、しなやかで落ちても壊れないところだが

              この弾性を利用して幕をピンと貼る工夫が見られる

               

              編集_tako.jpg

               

              この背中のバッテン部分をスライドさせることで張り具合を

              調節でき、またたたむことも可能だ

               

              編集_P1350011.jpg

               

              さっそく揚げてみた。折からの北風に煽られて

              舞い上がったドラゴン凧

               

              編集_P1350025.jpg

               

              上昇角は低いが5m/s以上の風があれば、充分あがる

              3m/sに風が落ちるとジッとしてると落ちてくる

               

              編集_P1350072.jpg

               

              二人は一人が走って、相方が支えて持つという役割分担をすることで

              弱い風になっても上空まで揚げることに成功した

               

               

              凧文化考:

               

              インドネシアでは凧揚げが盛んで島ごとに特長の異なる凧があるそうだが、今回の凧はバリ島で有名なドラゴン凧というらしい。

              かの国では凧は、お正月の子どもの遊びではなく、どちらかという地域とお祭りなのだろう。

              ウチナーのハーリーや、日本のとり人間大会に当たるような楽しみにしている季節の恒例行事なのかも知れない。

              そして伝統の中で練られた凧だけに糸目などはしっかりとられており、竹製の骨組みの翼を固定すると糸をつけて離すだけで折からの強い北風にのって昇っていった。

              ドラゴンの頭は3Dでけっこう重いし、抵抗があるので、糸をぐいぐい引かれるが、あまり高くは揚がらない。

              上昇角が浅いので糸を出せば出すほど遠くに行く感じなのだ。でも、ひきは強い方が、大物がかかったようで気持ちがいい。

              そのうち風が止んできたら、高度が落ちてきてしまったので、走って地上より風速のある高い高度まで上げてしまおうとしたが、やがて上空の風速もさがって来たようでヒラヒラ落ちてきてしまった。

              きっと海を渡ってくる風でインドネシアは風が強いのだろう、島の環境に沿って進化した強風用の凧といえそうだ。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              ジュウルクニチFLT祭

              0

                 

                先祖を供養してぴっころ航空班によるジュウルクニチ

                飛行大会が開催された

                 

                P1340316.jpg

                 

                前回の結果から、少し滑空比を向上すればグライダーで体育館縦断

                は夢ではない、と、90センチにまで翼幅を拡大されたグライダー

                 

                P1340317.jpg

                 

                飛行荷重で主翼が撓むことで適正な上半角を得る主翼は地上では

                垂れ下がる鳥人間の設計に近い感触だ

                 

                WS000423.jpg

                 

                前回、重すぎ上昇しなかった電動複葉機は今回、コンデンサの交換と

                軽量化によって初めて旋回上昇に成功

                 

                WS000418.jpg

                 

                コンデンサ容量が減った分モーターランの時間も減ったけれど

                軽くなったぶん飛行は軽快に

                 

                 

                ジュウルクニチ飛行大会の様子を動画でYOUTUBEにアップ

                したので興味のある方は見てくださいね

                 

                P1340335.jpg

                 

                キッズのジョイント・ウィングも安定して滑空することを確認

                ことによると電動化の可能性も示していた

                 

                WS000407.jpg

                 

                今回、初参加の女性フライヤーはハンドランチGを投げては

                走って回収を繰り返し、美容に良さそうではあった

                 

                P1340274.jpg

                 

                壊れてしまった電動機のパワーユニットを使って床を疾走する

                プロペラカーに夢中のキッズ

                 

                 

                フライトレビュー:

                 

                ぴっころ航空班の体育館フライトも今回で3回目を数え、課題であるオリジナル電動Eプレーンの設計製作にもコツが少し見えてきたように思っている。

                最初はキット販売のアルソミトラの飛行性能確認から始まったEプレーン開発だったが、パワーユニット以外は自作の上級キットを手に入れてからは、各自オリジナルデザインの飛行機にプロペラユニットを取り付けて飛ばす新たな段階に入った。

                今回は、前回のフライトで判明した大幅な重量オーバーで上昇できない性能を改善すべく、各部位の軽量化が図られたが破壊する機体が続出。強度と飛行性能をバランスさせる難しさを経験することになった。

                かくしてオリジナルキットのアルソミトラ機の持つ飛行タイムの更新は、設計を見直し先延ばしされることになった。

                一方で、重量にあまり性能を左右されない滑空機部門では、スチレンペーパーグライダ史上最大の90センチ翼幅をもつグライダーが設計、製作され、期待通り、キッズ発航のグライダーが体育館を余裕で縦断して見事、舞台で待つ相棒がハンドキャッチに成功する栄光の瞬間もあり、今後、まだまだ様々な発展の期待される航空班のインドアフライトであった。

                 

                Eプレーン開発史:

                 航空科学教材で遊ぶ ・・・ 最初はキットの入手からはじまった

                 電動プレーンを設計してみる ・・・ 各自が思い描く理想のカタチ

                 Eプレーンは空を飛ぶか ・・・ キットの動力を使ってオリジナル機に挑戦

                 設計者たちの肖像 ・・・ 個性的なカタチの飛行機を試してみる

                 機体製作の現場 ・・・ それぞれの夢をカタチに、モノヅクリ

                 

                 

                 


                FLIGHT ぴっころ infant

                0

                   

                  幼児の公園デビューはあるけれど・・・

                   

                  編集_P1340110.jpg

                   

                  ぴっころらしく空港デビューをやってみた

                   

                  編集_P1340083.jpg

                   

                  空港のフェンス際にやってきて何が楽しいかって

                   

                  編集_P1340084.jpg

                   

                  そりゃ、泥いじりでしょう?ほら!!って

                   

                  な・な・なにか勘違いしてない?

                   

                  編集_P1340098.jpg

                   

                  そこへJTAのB737−800がアプローチ

                   

                  爆音が聞こえてくると飛行機に気づく

                   

                  編集_P1340099.jpg

                   

                  飛んでるよ。ほらなんか飛んでる。わ〜見て、こっちに来る!

                   

                  興奮し、肩の上下が激しくなるKs君

                   

                  編集_P1340102.jpg

                   

                  なんだったんだ?タキシングするB737を目で追うKs君

                   

                  少年のこころに空を飛ぶ機械が焼きついた瞬間でした

                   

                  編集_P1340106.jpg

                   

                  そして彼は飛行機のことをなぜかこう呼ぶのでした

                   

                  おしりブーンブン

                   

                  興奮覚めやらぬKs君は、この後、ぴっころにもどってもスタッフに

                   

                  おしりブーンブンを熱く語っていたという

                   

                   

                   

                   


                  機体製作の現場

                  0

                     

                    そこは、やえやまの飛行少年たちの巣窟であった

                     

                    編集_P1330659.jpg

                     

                    怪しげな試験装置は電動機のプロペラ推力測定器

                     

                    編集_P1330675.jpg

                     

                    以前の揚力測定器になっていたものを縦にしただけの

                    ヤクザな計測装置だが

                     

                    編集_P1330694.jpg

                     

                    コンデンサーとモーターの特性として時間軸と静止推力の

                    概要を知ることができた

                     

                    編集_WS000401.jpg

                     

                    う〜む!考えていたよりもトルクはフラットではないようだ

                    しかし、そんなことはお構いなしのメンバーたち

                     

                    編集_DSCF2917.jpg

                     

                    いったいこの人たちは個別で何をやっているのかね?と

                    スタッフのAちゃんが覗きに来た

                     

                    編集_P1330649.jpg

                     

                    へ〜!すご〜い!!A君のスケッチブックに見入っている

                    AちゃんとS君

                     

                    編集_P1330656.jpg

                     

                    電動機の配線修理をボクに委託しているキッズは、その合間に

                    ジョイントウィング機を製作

                     

                    編集_P1330696.jpg

                     

                    思いのほか安定した滑空性能をみせ、鬼才ぶりを

                    遺憾なく発揮していた

                     

                    編集_P1330829.jpg

                     

                    A君は体育館を縦断すべくつくったハイアスペクトのグライダーの

                    背中には、なぜか子グライダーが乗る

                     

                    編集_P1330697.jpg

                     

                    天気が良くないおかげで、いろんな飛行機ができたね

                     

                    編集_P1330923.jpg

                     

                    さあ、来週は飛ばしに行ってみよう

                     

                     


                    設計者たちの肖像

                    0

                       

                      ぴっころ航空研究会が集まって室内での飛行大会を実施

                      様子をご紹介します

                       

                      編集_P1100872.jpg

                       

                      青少年の家の体育館に集合したいつものメンバーたち

                       

                       

                      編集_P1320250.jpg

                       

                      前回のスケッチをカタチにした夢のEプレーンたちです

                      その特長をご紹介しましょう

                       

                       

                      編集_P1320282.jpg

                       

                      A君設計の前翼機は垂直尾翼にプロペラを推進式に装備する特異な形式

                      パワープラント搭載にはボクがお手伝い。重心位置をフライアブル

                      に調整するために配線を延長してコンデンサを最前部へと移動した

                       

                       

                      編集_P1320277.jpg

                       

                      キッズ設計の機体は公園で飛行を行ったが、主翼を増積し試験飛行中に大破

                      アスペクトの大きなパラソル翼の機体として新規に再設計・製作されたもの

                       

                       

                      編集_P1320262.jpg

                       

                      ボクは飛行速度を落とし必要パワーを下げるべく翼面荷重重視でレトロな

                      複葉のプッシャー形式を選択した。一番、嬉しそうなオッサンだ

                       

                       

                      編集_P1320232.jpg

                       

                       

                      ひとつ気になる問題が・・・パワープラントを追加で入手したのですがコンデンサ

                      容量が5F(ファラッド)から10Fに増大していて、その分、重量が増大している

                      ことが判明、その他の部位で軽減を図るも及ばず、軒並み出来た機体の重量増大と

                      なって現れていた

                       

                       

                      編集_WS000343.jpg

                       

                      キット購入のアルソミトラを基準に同等の必要パワーを飛べるよう目標

                      重量を設定し製作を行っていたため全ての機体で重量増で水平飛行が

                      厳しいことがフライト試験から判明する

                       

                       

                       

                      比較的安定飛行をしていた複葉を高いところから発進して動画だけでもと

                      撮影したのが、上記だが、旋回せずに直進。旋回させると更に高度低下を

                      招くだろうとのことで次回までに軽量化を課題とし、今回は終了となった

                       

                       

                      編集_P1320253.jpg

                       

                      かくしてEプレーンは必要パワーとのバランスを考慮して今後、機体を改良したい

                      10Fで倍になったコンデンサ容量を使い切る機体であれば最高記録も期待できる

                       

                       

                      編集_P1100779.jpg

                       

                      その他、室内用フワフワグライダーの競演や

                       

                       

                      編集_P1320302.jpg

                       

                      ゴム動力ヘリコプター、カタパルトグライダー、ハンドランチグライダー

                      ライトプレーンなど様々なインドアフライトを楽しんだ1日でありました。

                      静穏な大気中では、本来の機体の挙動が手に取るようにわかりおもしろい

                       

                       

                      フライト・レビュー

                       

                      今回は各自、自分で設計製作したEプレーン(電動機)を持ち込んで、テスト飛行を目的に実施しましたが、航空に高い関心を示す子どもたちに、飛ぶために必要な多くの技術的要素を肌で感じてもらえたと思います。

                      石垣島島民にとって飛行機というと、どこの航空会社に乗るとか、いつならチケットが安いとか、そうした話題になりがちで、飛行機を作ったり、飛ばしたりする観点で見ることは少ないと思います。

                      今回、準備に使った電動飛行機キットは、飛ぶということがどんなことなのかを楽しく学ぶには最高の教材ではないかと思っています。

                      うまく飛行させるためには、揚力を出す主翼、安定して飛ばすための空力や重量重心が求められ、強度剛性を考慮した構造設計、適切な材料選びから工作能力や運用上の問題など様々な視点や能力が必要になります。

                      子どもたちの設計を見ていると、その子の得意分野や苦手意識、知識の体系や性格なども見えてきます。飛行機はどこかが一箇所だけ欠けてもうまく飛びません。

                      でも、世の中に全てが得意な人も、また苦手ばかりな人も居ませんから得意分野を持ち寄って協力する必要性もこうした活動から学ぶことになるのだと思います。

                      航空の黎明期、初の動力飛行を成し遂げたライト兄弟をはじめファルマン兄弟、ボワザン兄弟、ホルテン兄弟、エトリッヒ父子・・・と家族で協力しあった物語に溢れているのは、その多様さを要する飛行という世界で、求められる異質の能力がポジティブに協力し合えた結果が成果に繋がったのではないかとボクは思っています。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/16PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM