使用前、使用後そして使用前へ

0

     

    昨年からはじまり夏休みにもチャレンジしていた絞り染め

    ぴっころハンカチとして規格品量産に入り

    このほど実用品ができあがった

     

    Photo Editor_reiwa0011.jpg

     

     

    Photo Editor_DSCF4887.jpg

     

     

    Photo Editor_DSCF5486.jpg

     

     

    Photo Editor_DSCF5489.jpg

     

     

    Photo Editor_DSCF5487.jpg

     

     

    Photo Editor_DSCF5488.jpg

     

     

    Photo Editor_DSCF5490.jpg

     

     

    Photo Editor_DSCF5497.jpg

     

     

    Photo Editor_1009-08.jpg

     

     

    Photo Editor_1009-06.jpg

     

     

    ハンカチ。なぜにいま?

     

    それは、施設において、タオルを多くの子どもたちで共有することは衛生面から不適だという指導とも関わっている。

    これに従い今までぴっころでも使い捨てのペーパータオルを利用してきたが、子どもたちは小さな手を拭くにもぞんざいに何枚も使ってしまい、ごみ箱はすぐ紙くずの山という状況も、また好ましからずや、という悩みがあった。

    今回のハンカチ作戦は、子どもたちと素材集めの野外活動からはじまり、一緒につくった規格サイズのハンカチを量産することによって、これらを一挙前向きに解決できないかとの試みである。

    手仕事の楽しさと同時に一枚のハンカチで十分手が拭けることや、愛着をもち、繰り返し使うことで、物を大切にすること。そんな気持ちが子どもたちに伝わったらいいかな、そう思っているとハルコさんは言う。

    ぴっころにしては思慮遠謀に富んでいると思うのだが、そうそううまく行くかどうかはやってみなけりゃわからない。

    まずは、子どもたちが喜んで使ってくれるのかどうか試してみようじゃないか?何事も小さなトライアルからはじめればいいと思う。

    セクシーかどうかは、おいといて「REDUCE」のひとつの解になれば幸いである。

     

     

     

     


    ぜいたくな実用品

    0

       

      クラフトの時間ではじまり、お母さんたちも巻き込んで

       

      過去、にも何度か盛り上がった草木染

       

       

       

      編集_1009-15.jpg

       

       

       

      編集_1009-09.jpg

       

       

       

      編集_1009-08.jpg

       

       

       

      編集_1009-16.jpg

       

       

       

      編集_1009-14.jpg

       

       

       

      編集_1009-10.jpg

       

       

       

      編集_1009-00.jpg

       

       

      今回は自分たちが使うハンカチを

       

      自分たちで染めているんだね

       

      ぜいたくな実用品をつくるてしごと屋ぴっころです

       

       

       


      宿題が気になるころ

      0

         

        台風11号の風が吹き、少し暑さも和らいだ8月後半

         

        夏休みの宿題はお済みでしょうか

         

        宿題になるかどうかわかりませんが草木染やってます

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ワタシはピンクがいい・・・のは分かりますが

         

        そんなに

         

        睨まないでくださいよ

         


        夏休みの手シゴト

        0

           

          昨年の夏にもハマった草木染

           

          今年もはじめました

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          歳に似合わずなかなか

           

          上品で渋いご趣味ですね

           


          指先はタップ以外に使え

          0

             

            スマホ時代には、自由自在に使える指先をこの時期に

             

            体得する必要があると感じています

             

            編集_DSCF9590.jpg

             

             

             

            編集_DSCF9591.jpg

             

             

             

            編集_DSCF9594.jpg

             

             

             

            編集_DSCF9593.jpg

             

             

             

            編集_DSCF9592.jpg

             

             

             

            編集_DSCF9589.jpg

             

             

            粘るシールを台紙から剥がし思った位置に貼る

             

             

            タップやドラッグ、ピンチイン・アウトで用が済んでしまう

            スマホではけして得られない要領が必要な作業なのです

             

             

             


            優良物件のご案内

            0

               

              建築ラッシュの石垣島ですが、ちょっと見ないうちにぴっころ内にも

               

              新しいおうちが建っていた

               

               

              編集_DSCN5743.jpg

               

              どこの新築も完成前に入居者が埋まる住宅不足は

              ぴっころ内でも例外ではないようだ

               

              編集_DSCN5745.jpg

               

              既にレンタルハウスは立錐の余地もないほどの

              満員御礼状態

               

              編集_DSCN5744.jpg

               

              子育ての話題で盛り上がる若いママさんたちに完全に

              占拠された建物の外では

               

              編集_DSCF6039.jpg

               

              「まだ終わんね〜のかな。俺たちいつ入れてもらえんだろ・・・」

              パパさんたちが所在無さ気にたたずんでいた

               

              編集_DSCN5740.jpg

               

               

              み〜ちゃんとま〜君という「子ども」の存在はぴっころ内に

               

              擬似家庭を形成し、新たなパワーバランスを

               

              生んでいるのかも知れない

               

               

               

               

               


              春休みキッズの企て

              0

                 

                春休み、キッズは何かやっている。シアノアクリレート系の瞬間接着剤を

                 

                テストするのだそうで、100均へ行き全種類、買ってみた

                 

                一体、何が出来るのだろうとスケッチを見せてもらった

                 

                 

                編集_P1660679.jpg

                 

                 

                編集_P1660686.jpg

                 

                 

                編集_P1660687.jpg

                 

                 

                編集_P1660688.jpg

                 

                 

                編集_P1660700.jpg

                 

                 

                編集_P1660689.jpg

                 

                 

                編集_P1660690.jpg

                 

                 

                編集_P1660691.jpg

                 

                 

                編集_P1660692.jpg

                 

                 

                編集_P1660696.jpg

                 

                 

                編集_P1660705.jpg

                 

                 

                う〜む、いつもながらキモいキャラが多いな

                 

                しかし、これが下絵ってことは

                 

                一体、何が出来あがるのだろうか?オヤジにもまったく分からない

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                かわいい家庭科のじかん

                0

                   

                  Cちゃんがミシンをつかってコツコツ作っていた

                   

                  エプロンが完成した

                   

                  編集_DSCN5448.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN5440.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN5439.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN5444.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN5446.jpg

                   

                  ずいぶんサイズが小さいな〜と思っていたんだけど

                   

                  そうか、後輩たちのためにつくってたんだ

                   

                  ぴっころ仲間への愛を感じるね

                   

                   

                   

                   

                   


                  鎖毛布のヒミツ

                  0

                     

                    チェーンブランケットと呼ばれる毛布を知っていますか?

                     

                    編集_P1640060.jpg

                     

                    発達障害の子などに対して安眠効果が期待される

                    内部にチェ〜ンを縫いこんだ重めの毛布です

                     

                    編集_P1640062.jpg

                     

                    それでは、さっそくみ〜ちゃんとま〜君に

                    試してみてもらいましょう

                     

                    編集_P1640047.jpg

                     

                    あらら、不思議。アッという間に仲良く深い眠りに

                     

                    編集_P1640044.jpg

                     

                    爆睡から目覚めた二人はこころなしかスッキリした

                    幸せそうな顔してませんか

                     

                    編集_CB.jpg

                     

                    実はホンモノはコチラ。ちょっとなまめかしい感じですねえ

                     

                    編集_DSCN4948.jpg

                     

                    こら〜誰だメーキング風景を撮ってんのは?

                    撮影中のあやしいオジサン

                    ちょっと変態オヤジっぽいではありませんか

                     

                     

                    チェ〜ンブランケットのこと

                     

                    はじめてチェ〜ンブランケットの存在を知ったのは千歳で行われた作業療法士学会で展示を行ったときのことだ。

                    我々の「手であが〜る」の展示ブースの隣がラーゴムジャパンさんという会社だった。

                    その後も縁あって北九州の国際福祉機器展でも一緒になり、取り扱い品のチェ〜ンブランケットが北欧生まれで、チェ〜ンを縫いこんだ重めの毛布であり、ADHDやアスペルガーなど発達障害児の睡眠にも効果があることを教えてもらった。

                    北欧では福祉機器としても認知され、その効果を認められたものなのだそうだ。

                    かくいうアスペルガーのボクもご他聞にもれず、ご幼少の頃は漫画スヌーピーに出てくるライナス君のように安心毛布を始終持ち歩いていたから毛布にはチトうるさい。特に質感や肌ザワリは重要で、厚め、重めでまっさらではなくクタクタになったものを好む。

                    なんと息子たちにも同じ嗜好があって最上級の毛布に「3号さん」の称号をつけ、占有権をめぐって夜な夜なバトルが繰り広げられていたりもする。これに包まれていると至福なのだ。

                    話をチェ〜ンブランケットにもどそう。

                    このチェ〜ンを中に縫いこんだ毛布なのだが、さすが福祉機器だけあって購入するとなるとけっこうする。貧乏ぴっころの手の届く価格ではない。

                    かくして裁縫上手なスタッフAちゃんにDIY店で買ってきたチェ〜ンを使って作ってもらったのが今回、写真のなんちゃてチェ〜ンブランケットだ。

                    ボクも寝てみたが、かなりずっしりと重く「守られている感」が半端でない。わずかな刺激でも起きてしまう鋭敏な子どもたちに効果があるというがぴっころではどうなのだろうか。
                    なんちゃってではあるが、その効果を試してみたいと思っている。

                    ぴっころbot断捨離対象に

                    0

                       

                      ぴっころの倉庫には、日々増える資産がうずたかく詰まれ、満杯状態でアクセス不能に

                      ついにキッズにもハルコさんから断捨離指令が発令された

                      ぴっころ開所の初期に製作されたダンボールのロボット君も処分対象に・・・

                       

                      最後の姿を記憶にとどめようと記念にラストランが行われた

                       

                      編集_1.jpg

                       

                      第一のコース。ぴっころbot君

                       

                      編集_2.jpg

                       

                      ベランダエンドまで行くとUターン

                      位置について、ヨ〜イ、ドン!!

                       

                      編集_3.jpg

                       

                      ボストン・ダイナミクスでも再現が難しいといわれる

                      アゴを出した人間的な走りは健在

                       

                      編集_4.jpg

                       

                      石垣島出身の2足走行ロボットはゴールに向かって

                      スピードに乗り始めた

                       

                      編集_5.jpg

                       

                      トップスピードは人間の小走り程度のようだ

                       

                      編集_6.jpg

                       

                      目前を通過するロボットをカメラマンも追いかける

                       

                      編集_7.jpg

                       

                      足を外へ外へとに出して走る様子はまるで

                      ローラースケートのようにも見える

                       

                      編集_8.jpg

                       

                      そして、ついに反対側の壁に到達。ゴ〜〜〜ル!

                       

                      編集_9.jpg

                       

                      ロボットも成長したような気がする。作ったときには

                      こんなに手足の間に隙間なかったものねえ

                       

                      編集_10.jpg

                       

                      人間的なロボットとしてキミはぴっころの

                      ロボット史に永遠に記憶されることだろう。

                       

                      お疲れ様、そして今までありがとう

                       

                       


                      | 1/11PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM