メチャかわ・クッキング

0

     

    普段は学校みたいなことはあまりしない

     

    というか、できないぴっころですが

     

     

    redDSCN0315waku.jpg

     

     

    redDSCN0276waku.jpg

     

     

    redDSCN0281waku.jpg

     

     

    redDSCN0286waku.jpg

     

     

    redDSCN0306waku.jpg

     

     

    redDSCN0300waku.jpg

     

     

    redDSCN0273waku.jpg

     

     

    redDSCN0264waku.jpg

     

     

    redDSCN0313waku.jpg

     

     

    redDSCF2628waku.jpg

     

     

    今日はもしかしたらですが・・・

     

     

    花嫁学校だったのかも

     

     

     

     

     

     


    食は心の栄養素

    0

       

      本来ならばオリンピックが開催されていたはずのスポーツの日

       

      世の中いろいろ予定通りには行かないけれど

       

      とりあえず食事にしますか

       

       

      redDSCF2612waku.jpg

       

       

       

      redDSCN0240waku.jpg

       

       

       

      redDSCN0251waku.jpg

       

       

       

      redDSCN0249waku.jpg

       

       

       

      redDSCN0247waku.jpg

       

       

       

      ってことで、この4連休、あんまり自由に動けないけれど

       

      ひとまず豚汁食べて元気だしてね

       

      あ?ちゃっかり食べさせてもらってる〜

       

      オリンピック開会式はなかったけど金メダル獲得だな

       

       

       

       

       


      ワタシタチにできること

      0

         

        模範解答はない時代。ど〜すればよいのか分からない中でも

         

        ヒトは食べなくてはならない

         

        ならば、ぴっころとして大事なことをしよう

         

         

        title.jpg

         

         

        redDSCF2386waku.jpg

         

         

        redDSCN0128waku.jpg

         

         

        redDSCF2387waku.jpg

         

         

        redDSCF2396waku.jpg

         

         

        redDSCF2403waku.jpg

         

         

        redDSCF2406waku.jpg

         

         

        redDSCN0136waku.jpg

         

         

        redDSCF2416waku.jpg

         

         

        redDSCF2415waku.jpg

         

         

        redDSCF2421waku.jpg

         

         

        redDSCN0137waku.jpg

         

         

        redDSCN0139waku.jpg

         

         

        redDSCN0141waku.jpg

         

         

        これでいいのだ!と言いたいところだけれど

         

        観光客の戻った島の日常を思うと手放しに宣言する気もない

         

        状況をみながら注意深く、自分たちのできることをやってゆくしかない

         

        東京も沖縄も不安だが、がんばっている子どもたちがいることをお伝えしたいと思った

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        秘伝・ぴっころカレー

        0

           

          専門のカレー店には、他店には教えたくない

           

          隠し味があるものである

           

           

           

          TITLE.jpg

           

           

          redDSCF2213waku.jpg

           

           

          redDSCN0003waku.jpg

           

           

          redDSCF2208waku.jpg

           

           

          redDSCN0029waku.jpg

           

           

          redDSCN0044waku.jpg

           

           

          redDSCN0037waku.jpg

           

           

          redDSCN0036waku.jpg

           

           

          redDSCF2221waku.jpg

           

           

          みんながおいしいと、完食したぴっころカレーにも

           

          実はヒミツが・・・否、台所事情があった

           

           

          redDSCF2195waku.jpg

           

          私コレ。ボクこっち。と、選んだレトルトカレーは

           

          なべの中で絶妙にブレンドされ

           

          redDSCN0024waku.jpg

           

          ぴっころカレー最後の味の決め手はこの豆乳

           

          豆乳を投入したのはこのワタシよ。イヒヒヒ

           

           

           

           

           

           


          帰って来たクッキング

          0

             

            コロナ自粛以来、中止され弁当持参をお願いして来ましたが

             

            ぴっころにクッキングが戻ってきました

             

            TITLE.jpg

             

            あれ以来、日本は何をどこまで気にすればよいのか

            よく分からない状態が続いています

             

            redDSCF2057waku.jpg

             

            いつまでお弁当を続ければよいのか、そもそもお弁当の方が

            クッキングよりも安全な根拠は?

             

            redDSCF2086waku.jpg

             

            利用者さんのご家族はどう思われているのだろう?
             

            redDSCF2081waku.jpg

             

            親御さんへの率直なアンケートにもクッキング復活を望む

            声は多く寄せられた

             

            redDSCN9894waku.jpg

             

            そこには、石垣島の現状判断と、ぴっころなら家族も同然でしょ

            という運命共同体的意識もうかがえた

             

            redDSCN9890waku.jpg

             

            ただ、以前どおりに戻すことは今後の状況変化にも考慮すると

            やや、無用心なのでは?とも思えた

             

            redDSCN9891waku.jpg

             

            こうして、可能な限りのマスク着用や自分の惣菜は原則自分で

            盛り付けるなどの工夫をしながらの再開となった

             

             

            東京都の新たな感染者は連日100人を超え右肩上りの傾向を示している。夏場は感染は減るだろうとの期待は淡く消え、冬を待つことなく第二波が来ることも否定できない。東京以外の各地方自治体にとっても経済活動をはじめ防疫と日常生活とのバランスをどう取るのかは重要な課題だ。

            ぴっころのクッキングもその課題のひとつであった。海外でも大勢の食事からの集団感染の事例があり、ホテルなどでもビュッフェスタイルはやめている。目玉だったあの星野グループにおいてもだ。

            ただ、いくつかの条件が重なることで感染力が高まるものの、やみくもにうつるわけではないことも、その後のデータから明らかにされてきている。

            今、新宿歌舞伎町や昼カラオケがクラスタの発生源になり、感染した若者たちが無症状のまま活発に移動することで家族や職場を通じて重篤になりやすい基礎疾患のある方や抵抗力のない老人にうつすことが危惧されている。

            また医療資源の乏しい石垣島にとっては、こうした観光客が島に来てうつすことが一番の脅威なのだ。

            今、幸い県内での新たな感染者情報はない。ただ既に自粛解除で人の動きは活発になってきているので、クラスタ関連以外で積極的にPCR検査を行わない現状では感染者の実態を知る由もない。

            このまま経済活動を活発にしてゆけば県内で感染者が出るのは時間の問題というしかないが、それまでは今の状態でクッキングを続けられたらと思っている。

            思いの他、うつりそうな環境でもむやみにクラスタが発生していないところをみると新型コロナ感染のキーワードは「三密」に加えてまだ分かっていないファクターがありそうに見える。

            ホストクラブで何をやっているのか等、組織換えをした専門家委員会には医学、科学以外に風俗の専門家も加えたほうが良さそうな気がするのはボクだけなのでしょうか?それが分かるともっと限定的な制限で感染を防ぐことができるだろう。

            懸命に食材と向き合う子どもたちの姿はぴっころブログの花である。安心してクッキングのできる日が早く来ることを望みたい。

             

             

             

             

             


            幸せの黄色いスイカ

            0

               

              細長いしシマシマ模様もないし、冬瓜かと思われたその物体は

               

              切ってみると素性がハッキリした

               

              スイカだったのだ

               

               

              redsDSCF1357waku.jpg

               

               

               

              redDSCF1358waku.jpg

               

               

               

              redDSCF1355waku.jpg

               

               

               

              redDSCF1456waku.jpg

               

               

               

              redDSCF1486waku.jpg

               

               

               

              redDSCN8804waku.jpg

               

               

               

              redDSCF1452waku.jpg

               

               

               

              redDSCF1458waku.jpg

               

               

               

              redDSCF1459waku.jpg

               

               

               

              redDSCN8895waku.jpg

               

               

              黄色いスイカひとつで変わる子どもたちの表情

               

              ホームドラマをつくってくれた

               

              お爺からのプレゼントに感謝

               

               

              先日、子どもを送迎したときに「スイカ持ってくかあ?」と、畑から取り立てでいただいたそれは、ちょっと普通のスイカとは見かけが違っていた。

              何も知らないでいただいたら、冬瓜かと思ったかも知れない。

              球体でもなければギザギザ縞模様もないが、こういう種類のスイカなのだそうだ。中はどんなになってるのかと思ったが、なるほど切ってみれば中身は見慣れたスイカと大きくは違わないようだ。そういえば海外のスイカもこうだったような気がする。おそらく球体でシマシマが日本独特なスイカなのだろう。

              せっかくなので、みんなが揃うときにと思って数日、冷蔵庫で冷やしておいたのだが、送迎のときにお爺から「スイカ食べたか?」と聞かれバツの悪い思いをしていた。でも次回は胸を張って報告できる。「スイカ食べました、おいしくて子どもたちは満面の笑顔でした〜」と。

               

               

               

               

               


              料理するものはちがっても・・・クッキング考

              0

                 

                新型コロナ以降、ぴっころもいろいろ変わりました

                 

                ひとつは調理の自粛です

                 

                 

                 

                子どもたちが卵を割り、野菜を切っている光景

                久しくお届けしていません

                 

                 

                今、こねているのはホットケーキミックスではなく

                粘土になっている土曜日ぴっころです

                 

                 

                粘土もそれはそれで、子どもたちは

                楽しそうにやっています

                 

                 

                作って食べるダイニングぴっころはクラフトぴっころになり

                お昼はお弁当になっているのです

                 

                 

                石垣市に出されていた緊急事態宣言も5月末で解除されます

                それにともなって調理も元に戻すか思案中です

                 

                 

                お母さんの手作り弁当は、もちろん子どもたちには

                暖かな愛情を感じる大事な場面ですが

                 

                 

                さて、今後はどうすべきなのでしょうか?幸い日本では予想ほど

                感染は広がらず第一波は乗り切ることができました

                しかしながら、何が効果的だったのかは、まだよく分っていません

                調理を引き続き自粛するにしても戻すにしても科学的根拠が欲しい

                 

                それが今の率直な感想です

                 

                 

                 

                不確かな成功体験の困惑

                 

                新型コロナについて日本を含め東アジアの感染率、死亡率が欧米に比べて非常に少ない理由がよくわかっていません。

                マスク着用率、BCGの効果、マジメな自粛、手洗いなどの衛生習慣、CTなどの医療器材、発声の違い、遺伝子的優位性、ウィルスのタイプの違いなど実に様々な仮説はあるものの、どれにも確たる証拠はありません。

                それどころかPCR検査は進まず、感染の実態把握なしに科学性の薄い政治主導の対策は海外メディアが伝えるように実にとんちんかんな対応だったようにボクにも思えます。

                これをロックダウンせずとも率先して自粛するマジメな国民性の勝利だ、日ごろから衛生観念が高い証拠だといわれると、本当にそう?と思うと同時に自粛を戻すと再び感染爆発につながってしまうのではないかという怖さを感じます。

                感染者が少ないのは良いことのように思われますが集団抗体も期待できないので、この生活は長く続く可能性が高いです。

                ワクチンも特効薬も時間がかかるとすれば自粛生活の長期継続が必要になります。

                一方で、研究が進むにつれ感染時期、感染力、ウィルスの繁殖場所などについて新たな知見も増えています。これによって、今まで言われていた三密以外のファクターXが分かれば我々は特定のことだけ注意すれば、日常生活に戻れ、ぴっころでも調理を自粛する必要はないということになるのかも知れません。今後の研究が待たれるところです。

                 

                 

                 

                 

                 


                テイクアウトはじめました

                0

                   

                  新型コロナへの対応で、外食産業では三密を避け

                   

                  テイクアウトが増えている

                   

                  Photo Editor_DSCF0834.jpg

                   

                  ぴっころでの活動は、おままごとでも

                  社会の動きに連動する

                   

                  Photo Editor_DSCF0832.jpg

                   

                  顧客のやってくる昼時、厨房ではテイクアウト用の

                  お弁当つくりが行われていた

                   

                  Photo Editor_DSCF0831.jpg

                   

                  さっそくカウンターには馴染みの常連客の姿が・・・

                  「ランチひとつ」と、注文が入ったらしい

                   

                  Photo Editor_DSCF0828.jpg

                   

                  あらかじめ用意してあるので顧客対応がはやい

                  「へ〜い、お待ち。ぴっころランチです」

                   

                  Photo Editor_DSCF0823.jpg

                   

                  今日の特製ランチ、その中身を見てみると胡桃と

                  食物性繊維フェルトがメイン?

                   

                  Photo Editor_DSCF0829.jpg

                   

                  いったいこれでいくらするんだろう、と見ると

                   

                  Photo Editor_DSCF08291.jpg

                   

                  100ぴっころドル?

                   

                  為替レート不明

                   

                  安いんだか?高いんだか?

                   

                   

                   

                   


                  寒風の中で咲く花

                  0

                     

                    安倍首相は緊急事態宣言を出し、沖縄県内でも

                     

                    新たに二桁の感染者が確認されました

                     

                    Photo Editor_DSCF0442.jpg

                     

                    感染を防ぐため極力、家で過ごしていただくように

                    お願いしているぴっころではありますが

                     

                    Photo Editor_DSCF0428.jpg

                     

                    お母さんが出かけざるを得ない事態にMeちゃんは

                    手作り弁当を持ってやってきてくれました

                     

                    Photo Editor_DSCF0446.jpg

                     

                    お弁当箱を開いたときの特別の笑顔には意味がありました

                    出勤前のお父さんが作ってくれたものだったのです

                     

                    Photo Editor_DSCF0432.jpg

                     

                     

                    感染拡大の厳しい環境の中で、見つけた小さなシアワセ

                     

                    ぴっころで集まってクッキングは難しいけれど

                     

                    お父さんの愛はしっかり娘さんに届いています

                     

                     

                     


                    お好み焼きはじめました

                    0

                       

                      きざむ まぜる 焼く

                       

                      その結果は・・・

                       

                      Photo Editor_DSCN6856.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6868.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6881.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6865.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6882.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6886.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6892.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6893.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6896.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6897.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6915.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6916.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6918.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6920.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6922.jpg

                       

                       

                      Photo Editor_DSCN6924.jpg

                       

                       

                      みんな笑顔になる

                       

                       

                       


                      | 1/15PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM