これの季節です

0

     

    こっそりはじめる冷やし中華と違ってカキ氷堂々デビュー

     

    DSCN3888.jpg

     

    冷たさも、おいしさもありますが・・・

     

    DSCN3891.jpg

     

    梅雨明け間近、氷を食べると

     

    DSCN3890.jpg

     

    顔がクチャっとなりませんか?

     

    DSCN3886.jpg

     

    メンズぴっころはカキ氷の時間

     

     

     


    お釈迦様のお誕生日を祝う

    0

       

      お花まつりに行ってきたんだね

       

      DSCN7815.jpg

       

       

       

      DSCN7818.jpg

       

       

       

      DSCN7838.jpg

       

       

       

      DSCN7837.jpg

       

       

       

      DSCN7824.jpg

       

       

       

      DSCN7836.jpg

       

       

       


      ダンボーと行く信州の旅

      0

         

        キッズが春休みの旅から戻ってきた。カメラの写真を見せてもらった

         

        いったいどこへいったのかダンボーに紹介してもらおう

         

        IMG_3833.jpg

         

         

        IMG_3691.jpg

         

         

        IMG_3485.jpg

         

         

        IMG_3388.jpg

         

         

        IMG_3341.jpg

         

         

        IMG_3283.jpg

         

         

        IMG_3267.jpg

         

         

        IMG_3250.jpg

         

         

        IMG_3230.jpg

         

         

        IMG_3121.jpg

         

         

        石垣島では見られない景色がいっぱい。ディスカバーNIPPON 

         

        いい旅だったみたいだね。旅は道連れというが・・・

         

        IMG_3499.jpg

         

        旅の途中で仲間も増えたみたいだ

         

         

         

         

         

         


        島は巣立ちのとき

        0

           

          う〜っす。空港で集まる高校生たち。でも・・・

          今日は、いつもとはちょっと空気がちがう

           

          P1560337.jpg

           

          高校を卒業、これから島を出る仲間の送別会だ

           

          P1560342.jpg

           

          これから人生初めての島外での生活がはじまる。がんばれよ〜

           

          P1560388.jpg

           

          果たして彼の目に手を振る仲間たちの姿は見えているのだろうか

          それとも涙で曇って見えないのだろうか

           

          P1560393.jpg

           

          彼の乗ったB737は明日への希望を満載しエプロンをあとにした

          そして数日前に友を見送った彼自身もまた進学で島外へ

           

          P2330547.jpg

           

          行くヒト、見送るヒト。和やかな中にもしばしの別れを前にして

          様々な思いが交錯する

           

          P2330640.jpg

           

          保安検査を終え、ガラスの中に行ってもなお、分かれがたく

          ガラス越しに自撮りするK君。アイデアだね

           

          P2330649.jpg

           

          さらにJTAはプレミア8番搭乗口、PBBまでの通路でも

          家族との別れの儀は続いていた

           

          P2330667.jpg

           

          高校時代を島外ですごし、休みに戻って来るたびに出迎えられていた

          ぴっころ非常勤ぱんださんも今回ばかりは見送る側だ

           

          P2330662.jpg

           

          そして、空港ロビーのミルミル前では、久しぶりに顔をそろえた

          小学校時代の仲間たちが・・・みんなデカ!

           

          P2330544.jpg

           

          島で生まれ、島で育んだ絆を胸に明日を目指して羽ばたいてゆく

          小学校時代の親友S君も進学のため沖縄本島へ

           

          P2330549.jpg

           

          お兄さんたちを追いかけての進学だ。前途洋々たる明日への旅立ち

          今度はいつ会えるだろう

           

           

          ギリギリまでロビーに居た彼も旅立っていった。そして子供たちが巣立つたびに

          さびしくなってゆく島の家族のことをふと思った

           

           

          NOTE:

          石垣島の島民にとって南ぬ島石垣空港は観光客を出迎え、見送る場所であると同時に、人生の節目、節目でドラマを記憶する場所でもある。

          石垣島には大学はない。進学するにも就職するにも高校を出たら一度は目指す島外での生活。

          生まれ育った島、慣れ親しんだ家族友人たちと分かれて明日から始まる新しい生活。

          そこには期待と不安が入り混じり、多くの思いが交錯する空港ロビーは普段は感じない空気で満ちていた。

          空港での見送り。この場に来れたヒト、来れなかったヒト。そして・・・もう一言が言えたカップルも言えなかったカップルもあっただろう。

          今日は南風、手を振られランウェイ22を滑走し、V1、Vr・・・エアボーンする航空機の姿は、旅立つ彼らのために人生、飛翔のときを演出しているかのようだ。

          開港4年を過ぎ、5年目を迎える新石垣空港は、いままさに巣立ちのとき。

          みんな大きくなって戻ってこいよ。と願いつつ、いつの間にか島のオジイになっている自分をも知るのであった。ちゃんちゃん。

           

           

           

           

           

           


          出張から戻りました

          0

             

            2月の大阪は寒かったけど・・・

             

            P2300095.jpg

             

            夜空の煌々と照らすネオンがまぶしく

             

            P2300093.jpg

             

            多くの人の行き交う道頓堀はにぎやかで

             

             

            東京とは違うエネルギーを放っていました

             

            P2300076.jpg

             

             

            翻って石垣島は暖かく、自然いっぱいで戻るとほっとする

             

            場所だと思ったのでした

             


            仕事じまい

            0

               

              ぴっころ最終日、利用者が帰ったあとスタッフによる

               

              大掃除が行われた

               

               

              DSCN3168.jpg

               

              帰省中の非常勤パンダさんも参加

               

              DSCN3169.jpg

               

              航空担当が年末の入力作業を終える頃

               

              CIMG0989.jpg

               

              床はピッカピカに!

               

              今年も1年、たいへんお世話になりました

               

              皆様、良いお年を!!

               

               


              ワタシはここにいました

              0

                 

                実はぴっころの航空担当は北九州で行われた西日本福祉機器展で

                 

                開発品の福祉機器を展示しておりました

                 

                P1530536.jpg

                 

                諸事情があって、今回はこのメンバー

                 

                 

                日ごろの相棒はビデオでの参加となりました

                 

                P1530496.jpg

                 

                また総合療育センターの方々のご好意で特設コーナーの

                 

                こどものひろばにも展示をさせていただきました

                 

                P1530527.jpg

                 

                展示会漬けの3日間でしたが

                 

                P1530493.jpg

                 

                お隣のチェーンブラケットさんともすっかりお友達に

                 

                ADHDの子もよく眠れるという毛布なんです

                 

                P1530490.jpg

                 

                朝、開場前のブースで、小生意気なペッパーが電源投入前で

                 

                うなだれている姿がとっても愉快でした

                 

                 

                 

                 

                 


                食後にすること・・・とは

                0

                   

                  毎食後にすることってな〜んだ

                   

                  DSCN8149.jpg

                   

                  それはデザート

                   

                  DSCN8148.jpg

                   

                  ではなくて歯磨き

                   

                  DSCN8147.jpg

                   

                  そして、このどや顔

                   


                  ぴっころの避難先

                  0

                     

                    広域地震津波避難訓練

                     

                     

                    11月5日10時03分「沖縄本島地方」「大東島地方」「宮古八重山地方」に大津波警報が発表されました。ただちに高台等へ避難し、身の安全を確保してください。

                     

                    ※※※これは訓練です。実際の災害ではありません※※※(沖縄県)

                     

                     

                     

                     

                    そんなわけで、ぴっころはみんなで逃げました

                     

                    DSCN6736.jpg

                     

                    ぴっころの場合、とりあえず高いのは・・・

                     

                    DSCN6739.jpg

                     

                    そのまま8階建ての建物の頂上に登るのが安全だとおもわれます

                     

                    DSCN6738.jpg

                     

                    そんなわけでスタッフと利用者は非常階段をのぼります

                     

                    DSCN6740.jpg

                     

                    警報から6分。8階の踊り場に到着。

                    屋上には鍵がかかっているので普段はここが限界

                     

                    DSCN6743.jpg

                     

                    無事避難を終え、みんなそろってパチリ!!

                     

                     

                    NOTE:

                    襲来する津波の高さによりますが、地表から25mのこの場所は桃林寺西通りを歩いて産業道路までゆくよりも交通に左右されず、ぴっころにとっては一番、確実な避難場所だと考えられます。

                    八重山島民の3分の1の命を奪ったといわれる1771年の明和の大津波から245年。

                    次の大津波がいつ来てもおかしくない状況と思われます、いざというときにどこに逃げるかは、常に頭に入れておきましょう。

                     

                     

                     


                    ぴっころ番外編”コンサートを聞きに行くの巻”

                    0

                       

                      ハルコさんが金曜ライブで一緒に演奏しているパウロさんが

                      クラシックギタートリオスペシャルライブに出演

                       

                      DSCN1239.jpg

                       

                      ぴっころのこどもたちにも生の演奏をぜひ聞いてもらいたいと

                      親子でご招待いただいた

                       

                      DSCN1215.jpg

                       

                      演奏がはじまると、いつもダンボール太鼓を叩いているU君も聞き入る

                       

                      DSCN1216.jpg

                       

                      興奮してステージに駆け寄り一緒に演奏したい気持ちは分かるが

                      ここは我慢だからな、ガマン!

                       

                      DSCN1219.jpg

                       

                      ステージの気迫を感じてか、神妙に聞いてるSr君

                       

                      DSCN123a6.JPG

                       

                      そしてステージ終了、パウロさんがこどもたちのところにやってきた

                      パウロさん、今日はお招きありがとう、と花束を渡すKo君

                       

                       

                      NOTE:

                      思いがけないパウロさんからのご招待で、急にまわしたメールにもかかわらず、ぴっころのメンバーが多数、会場に集まった。

                      日ごろから、ぴっころの楽しむ音楽活動に理解をいただいていることを感じるとともに、利用とは無縁の番外編ではあるけれど、コンサート会場においては演奏者に敬意をはらい演奏に静かに耳を傾けることは、楽器を演奏する技術同様、場数を踏んで身につけなくてはならないソーシャルスキルであることも、こどもたちに感じてもらえていたら幸いだと思う。

                      こんなチャンスを利用して生の演奏に触れ、他の聴衆にも迷惑をかけずに音楽を楽しめるようであれば、また呼んでもらえる機会もきっとあるに違いない。

                      パウロさん、今回は呼んでくれてありがとう。来週から、ぴっころの小さなパーカッショニストたちにも、いっそう力が入りそうです。

                       

                      パウロさんその後


                      | 1/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM