非常勤パンダさん成人になるの巻

0

     

    1月4日は石垣市の成人式です

     

    編集_P1590716.jpg

     

    フライトぴっころの非常勤講師で日本航空大学校に通う

    兄貴も成人式を迎えました

     

    編集_P1590778.jpg

     

    島を離れてはや5年ですが小学校時代の友達も揃って

    成人式を迎えることができました

     

    編集_P1590686.jpg

     

    中学時代の友達もそれぞれに個性を伸ばし、久々に集まった容姿は

    高座に上がる師匠をエスコートするボディガードと営業みたい

     

    編集_P1590818.jpg

     

    いまや国防をつかさどる同級生はバシっとスマートに決めて

    やってきてくれましたがさっそくハルコお婆のカメカメ攻撃に!

     

     

    石垣市の成人式が終わったあとは昔懐かしい学び舎に集って

    小学校時代の”あったあった話”に花が咲く

     

    編集_P1590807.jpg

     

    編集_P1590739.jpg

     

    編集_P1590722.jpg

     

    それぞれの期待と決意を胸に大人への扉を開いた皆さんに乾杯

     

    もう背伸びをして大人ぶる必要はないんだ

     

    先輩達は、あまり良い状態で社会を手渡しては

     

    あげられなかったかもしれないが

     

    これからはキミたちが自分で良いと考えることをして

     

    社会を前に進めてくれることを願っています

     

    成人おめでとうキミも今日からはボクらの仲間♪

     

    今日は一緒に飲もうじゃないか

     

     

     

     

     

     

     


    今年さいごのクッキング

    0

       

      ぴっころ、本年の営業は、このクッキングをもちまして

       

      無事終了しました

       

      編集_DSCN9280.jpg

       

       

       

      WS000907.jpg

       

       

       

      DSCN9224.jpg

       

       

       

      WS000902.JPG

       

       

       

      DSCN9261.jpg

       

       

       

       

      DSCN9194.jpg

       

       

       

      DSCN9182.jpg

       

       

       

      DSCN9279.jpg

       

       

       

       

      DSCN9278.jpg

       

      また来年も美味しいものつくろうね

       

       

      良いお年を!

       

      親御さんには、今年一年のご協力に感謝し、事故もなく無事に終えられて安堵するとともに、利用者の子どもたちが家族とともに暖かなお正月を過ごし、新年、さらに元気な笑顔で、やって来てくれることを楽しみに、お待ちしています。

      来年は1月8日(火)からの営業になります。

       

       

       

       

       


      ある学級の取り組み

      0

         

        キッズの三者面談があり、親として学校に出向いた。前回も橋の話しになり、うっかり息子の面談を忘れるところだったのだが、今回も、まずクラスルームに入って興味をひいたのは、学級内で行われた学級キャラをつくる取り組みと、その経緯を示す掲示物だった。

        9つのグループでそれぞれ話しあってグループのキャラクターをつくり、学級内で投票。クラスを代表するキャラクターを決めようという、かなり野心的かつ今っぽい取り組みだ。

         

        編集_P1580534.jpg

         

        「ポテたろう」。このキャラクターがキッズの提案したキャラ「一野さん」とともに最終選考に残り、決戦投票でも勝利し、クラスのグランプリキャラクターに選ばれた作品だ。

        確かにどこか抜けたような憎めないゆるいキャラクターとしてよく出来ている、と、感心した。

         

        編集_P1580535.jpg

         

        他の8グループが生み出したキャラクターも一同に壁に貼りだされ、橋製作のときにも感じたが、お互いは全く似ても似つかないキャラで争われた選考の経緯や多彩な発想が感じられる興味深い内容になっていた。

         

        編集_up.jpg

         

        キッズの提案した作品はこの「一野さん」だった。1年3組をダイレクトに反映させたネーミングと1の3のロゴそのままの身体をもつロボットとしてのコンセプトを前面に押し出した分かりやすいキャラではあったが、若干キモく、ゆるキャラに求められる可愛さとゆるさに欠けるところが次点に甘んじた主な要因であろうことは親父の目にも容易に想像できた。

         

        編集_P1580536.jpg

         

         

        一方の勝者グランプリキャラの「ポテたろう」は実在するクラスの人気者をモチーフに対象のもつポテトのイメージで仕上げたキャラクターだ。

        「一野さん」のロボット的な無機質感に比べると人間的でゆるゆるな魅力がある。

        グランプリは一般的にまっとうな審判の結果といえるだろう。

         

         

        編集_4コマ.jpg

         

         

        ところが往生際の悪いキッズは、ゆるキャラグランプリに負けた「一野さん」を駆ってそんな「ポテたろう」に再び今度は漫画で勝負を挑んでいるという。

        ポテたろうの作者とコラボして4コマ漫画で「ポテたろうvs一野さん」を学級の片隅で日々、連載公開中なのだとか。

        また、そんな所業を担任の先生を含め、学級のみんなも日々、楽しみにしているというから具志堅用高を輩出し、BEGINの島人の宝も生んだ石垣島のユニークな中学校の存在を再確認するのである。

        壁の掲示を見ながら、担任の先生からそんな取り組みの様子を伺っていたら、あらたまってキッズの成績がどうの、日々のクラスの様子がどうのなどと聞く必要はなさそうに感じられた。

        普段は障がい児の立場にたち、画一的で、予定調和的で、トップダウン的で社会に出たら応用のきかない教育をしていると批判をしてはいるけれど、毎回、ボクはここに来ると担任の先生に感謝をし、学校を見直して帰ってくる。

         

         

         

         

         

         

         


        最後の地方巡業・・・

        0

           

          ぴっころ一座の巡業は、これが

           

          最終ステージとなります

           

           

           

          DSCF4189.jpg

           

           

          DSCF4169.jpg

           

           

          WS000901.jpg

           

           

          WS000897.jpg

           

           

          WS000887.jpg

           

           

          WS000888.jpg

           

           

          WS000893.jpg

           

           

          WS000011.jpg

           

           

          WS000879.jpg

           

           

          DSCF4272.jpg

           

           

          DSCF4276.jpg

           

           

          今年一年、ありがとうございました

           

          尚、ぴっころの年内営業は29日午前の部までとなります

           

           


          クリスマスの残像@ぴっころ

          0

             

            ぴっころカメラに残されていたクリスマス関連の写真たち

             

            未公開写真を公開します

             

            編集_DSCN8948.jpg

             

             

            編集_DSCF3679.jpg

             

             

            編集_DSCF3676.jpg

             

             

            編集_DSCN8923.jpg

             

             

            編集_DSCN8916.jpg

             

             

            編集_DSCN8815.jpg

             

             

            編集_DSCF3688.jpg

             

             

            編集_DSCF3686.jpg

             

             

            編集_DSCF3685.jpg

             

             

            編集_DSCN8926.jpg

             

             

            こう言ってはなんですが・・・

             

            みんな真剣に楽しんでいたんだね

             

             

             

             

             

             


            フランチャイズなサンタさん

            0

               

               

              手作りリースをツリーに飾り。サンタさんを待つぴっころに

               

              イオンGマックスバリュー新川店から派遣された

               

              サンタさんたちがやってきてくれました

               

               

              編集_DSCN8866.jpg

               

               

               

              編集_DSCF3621.jpg

               

               

              編集_DSCF3624.jpg

               

               

              編集_DSCF3626.jpg

               

               

              編集_DSCN8873.jpg

               

               

              編集_DSCN8876.jpg

               

               

              編集_DSCF3606.jpg

               

               

              編集_DSCF3628.jpg

               

               

              今年はナオミプロデュースじゃなかったけど、瞬く間にケーキは

               

              子どもたちの口の中へ消えてゆきました

               

               

               

              お礼に代えてエピソードを一つ:

               

              あれ、サンタさんは違うけど、サンタさんのマネージャーさんは昨年の方と一緒の方ですね。

              この人手不足の折、サンタクロースさんの手配も大変でしたでしょうに、毎年、ぴっころの子どもたちに愛を届けていただきありがとうございます。

              大喜びだったKちゃんは、サンタさんたちの乗ってきた、ソリが見たいとワクワクしながらお帰りの後をついて行ったそうです。

              そこで見たものは、柵に繋がれたトナカイとソリの姿でも、イスズのトラックでもなく、1台のタクシーでした。

              ご期待に添えなかったタクシードライバーは窓ごしに、こう言ったとか言わなかったとか・・・

              アイム・ソリ!

              どうも〜。お後がよろしいようで。

               

              お次の無料アミューズメントは、23日本日、18時よりゆんたく屋で行われるハルコさんたちのX’mas Liveになります!

               

               


              見慣れぬ光景

              0

                 

                八重山にはずいぶん長いこと住んで居るけれど

                 

                潜水艦をこの海域で見るのは初めてだ

                 

                編集_P1580228.jpg

                 

                 

                編集_P1580231.jpg

                 

                 

                編集_P1580244.jpg

                 

                 

                編集_P1580273.jpg

                 

                 

                編集_P1580309.jpg

                 

                 

                編集_P1580304.jpg

                 

                 

                編集_P1580340.jpg

                 

                 

                編集_P1580266.jpg

                 

                 

                編集_P1580179.jpg

                 

                 

                当初、中国の潜水艦だとか、いろいろな未確認情報が飛び交っていたが、艦首に日の丸、艦橋の後ろには旭日旗が掲げられており、どうやら日本の海上自衛隊、おやしお型の潜水艦で急患が発生し搬送のためにに浮上したということらしい。

                隠密行動が基本の潜水艦がこんな極端に浅い海域に突然、浮上してきたことに正直、驚くけれど、米中の覇権争いは東シナ海でも相当に熾烈なものとなっているのだろう。

                世界は通信網で繋がれ情報を瞬時に共有する一方では漏洩もする、国境を越えた人々の行き来も活発になっている一方で、各国は国益を侵害される警戒感から自国利益優先の一国主義的な動きもみせる。

                各国の利害が交錯し、距離が縮まった動きの早い複雑な社会では平和を維持するには事象の正しい理解とバランス感覚が重要だ。

                船乗りは板子一枚下は地獄と言われるが、ここ八重山の周辺海域でも微妙な国際関係のバランスを保つ活動が日々、繰り広げられていることを改めて思い起こさせた今回の潜水艦浮上であった。

                ここ石西礁湖はジェット船でも乗り上げるきわめて浅く危険な海だ。ここに入ってくるだけでも航行には高い精度を有しているとは思いますがお帰りも充分に気をつけてください。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                夏だけではない南の島の星まつり

                0

                   

                  クリスマスが近づくと地球に接近するものがある

                   

                  それは間近に見る星の数々

                   

                   

                  編集_DSCF3178.jpg

                   

                   

                  編集_DSCF3202.jpg

                   

                   

                  編集_DSCF3204.jpg

                   

                   

                  編集_DSCF3205.jpg

                   

                   

                  編集_DSCF3166.jpg

                   

                   

                  編集_DSCF3193.jpg

                   

                   

                  夏の星座観察もいいけれど冬場に見る

                   

                  窓に貼りついた星もいい

                   

                  これぞ地上の星

                   

                   

                   


                  竹富島のにゅーす

                  0

                     

                    ちょっとした用事があって竹富島に行ってきた

                     

                    行きかえりで見た光景

                     

                    編集_P1570194.jpg

                     

                    お友達の畑で出会ったのはヤギと

                     

                    編集_P1570191.jpg

                     

                    フワフワした綿のような実をつける木

                     

                    編集_P1570193.jpg

                     

                    聞くと、それは、紛れもなく綿花だった

                     

                    編集_P1570262.jpg

                     

                    桟橋ではフランスの暴動のようなクルマの燃えた光景

                     

                    編集_P1570242.jpg

                     

                    黒こげになって転がる空きビンやコンテナなど

                     

                    港にある不法投棄物が燃えてしまった火事の現場だった

                     

                    編集_P1570265.jpg

                     

                     

                    原因は暴動ではなく焚き火の後始末らしいけれど

                     

                    忙しくなる年末、私たちも火のあと始末には充分注意をしましょう

                     

                     

                     

                     


                    執着ありますか

                    0

                       

                      ぴっころのバザー店舗に金庫を大事そうに守る

                       

                      小さなガードマンの姿があった

                       

                      編集_P1570002.jpg

                       

                       

                      編集_P1570001.jpg

                       

                       

                      編集_P1570045.jpg

                       

                       

                      編集_P1570042.jpg

                       

                      かたときも離さないその責任感の強さには感心したが

                       

                      いまになって思うと

                       

                      こじ開けようとしていたのかも知れない

                       

                       

                       

                       


                      | 1/12PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM