竹富島で何が起きているのか

0

     

    30数年前に竹富島を訪れた僕は、この島の魅力にはまり移住を決意

     

    それまで働いていた会社を辞め八重山に移り住んだ

     

    その竹富島がいまリゾート問題でSNSをにぎわしている

     

     

    編集_P2210477.jpg

     

     

    編集_WS000232.jpg

     

     

    編集_WS000236.jpg

     

     

    編集_WS000239.jpg

     

    編集_WS000229.jpg

     

     

    編集_WS000225.jpg

     

     

    編集_WS000226.jpg

     

     

    編集_WS000249.jpg

     

    竹富島の有名な海水浴場であるコンドイビーチにふってわいたリゾート計画に

    僕の知人でもある島民たちがそろって反対をしている様子が描かれている

     

    これを直接見てください

     

     

    リゾートと島の経緯

     

    僕が通い始めたころの竹富島には宿泊施設としては旅館と民宿のみ。旅人はそこに泊ることで、この動画の中で訴えられている島の豊かさ、不便を楽しめるおおらかさ、限りあるからこそ知恵を出し、伝統的町並みや、島の生活が維持されているのだということを知らず知らずのうちに感じ取っていたのだと思う。

    当時、横浜でサラリーマンだった僕にはあまりに驚きだったその島の生活を記した冊子が今も残っているが、そのなかで当時リゾート建設に走る近隣の小浜島については、こう書いている「島の特長として起伏に富んだ地形、農村も漁村もあり小さいながらマングローブ林もあるのだからリゾートに身売りしないで頑張って欲しい」と。

     

    その後、他の離島にもリゾートは波及してゆく、この30年で得たものと失ったものを考えると感慨深いものがある。

    残念ながらリゾートというものは本来、永らく培ってきた島独自の文化というものを重視してはくれない。

    大資本で乗り込み土地を買収し、温暖な気候や美しいビーチといった自然資源だけを利用する傾向がある。

    さらにリゾートは離島では貴重な水資源も電気も豊富に使ったうえに大量の廃棄物を出し、島民の生活を圧迫もする。もちろん、その一方で雇用の場を生み出すこともあれば、地域の文化を取り入れたイベントなどで情報発信になる場合もあろうが、総じて不釣合いな場合が多い。

    こうして持ち込まれた外部からの文化は、土地に根付いていた人と人との絆や本当の豊かさをスポイルし、どちらのグループにくみするのかで分断してしまう。

     

    僕は離島暮らしの後、家族が増えて石垣島に移り住んだころから、船は大型化し日帰り団体観光客が増え、民宿に長期逗留する常連の姿も少なくなり、観光形態は変わり、現在では竹富島にまでリゾートホテルは出来ている。

    工事が具体化するにつれコンドイリゾート反対を頻繁に目にするけれど、内容を詳しく知らない外部の者から見たら、すでにある星のやも、また中心部に近い温泉開発計画も同じリゾートではないのか?なんで今更、コンドイリゾートだけ反対するのか?という素朴な疑問を持つに違いない。

    僕は民宿に育てられた経験があり、そこで獲た仲間たちは今も財産になっているし、星のやの情状もわかるのでリゾート反対運動は支持するけれど、既存のリゾートと今、反対しているコンドイリゾート計画と何が本質的に違うのかについて、より明確なメッセージを発することが幅広い支持を得るためには必要ではないかと考えている。

     

    朝はニワトリの鳴き声に目を覚まし誰もいないコンドイビーチで泳ぎ、夜は満天の星空のもとで客も島民もなく仲良くバーベキューをしていたころは今はむかし。

    確かに我々が民宿で落していた宿泊料では島民の生活は時代錯誤的に厳しかったに違いない。観光の変化は必然だとすれば島とリゾートの良好な関係は今も模索を続けている最中といえるだろうか。

     

    竹富島関連:

     

    キッズと行く竹富島  あわただしく行く竹富島  竹富島の気になるヒト

     

     

     

     


    ぴっころの逃げる練習

    0

       

      人生には様々な事情で逃げなくてはいけない場合がある

       

      そんなわけで今回は組織的に逃げてみました

       

       

      編集_P1710553.jpg

       

       

      ぴっころは8階建てのビルの2階にあります、一階は宿泊施設

      また上の階にはアパートの一般住人などが住んでいます

       

      DSCF9237.jpg

       

      白々しくぴっころでks君と航空教室をやっていると

       

      P1710545.jpg

       

      「火災が発生した模様です」と、一階のちゅらククルの方々が

      連絡に来られて訓練開始です

       

      P1710552.jpg

       

      さっそく火元を確認して、我々は利用者であるKs君と一緒に

      安全な場所へと避難を開始します

       

      P1710557.jpg

       

      ベランダを通り西階段からあらかじめ設定された建物の外の

      駐車場へと避難します

       

      P1710558.jpg

       

      一方、人員を建物の外へ避難をさせると消防の方々と消火設備や

      非難の経路、消火について確認を行います

       

      P1710566.jpg

       

      道路に出て逃げ遅れた子どもがいないかを確認します

      「ちゃんと、みんないますか〜?番号」

      「いち」

      よろしい。みんな居るようだ。

       

      P1710563.jpg

       

      建物はみんな燃えちゃったけど、よかったよ

      とりあえずみんな無事で

       

       

      P1710583.jpg

       

      安全が確認されたので建物に戻ってみると、ちゃんとあるじゃん

      良かったよぴっころ燃えてなくて

       

      P1710575.jpg

       

      避難意識を明確にするためKs君にも持ち出しを手伝ってもらう

      火事場の馬鹿力は期待せず超軽量版

       

      P1710512.jpg

       

       

       

      今回の訓練は建物オーナー、消防、管理会社を中心に1階、2階の事業者を対象に自衛消防訓練として実施いたしました。

      ぴっころは2階なので、火が出た場合には火元の確認と安全な地上への避難ルートの確保が必要になります。

      また建物の構造上、通路となる2階ベランダは階上の建物から張り出しており3階以上からの出火の場合には上からの飛来物にも注意し建物に近い部分を通って階段に逃げる必要があるなあ、と思って見ておりました。

      今回、実施した時間帯もあって利用者が少なかったのですが、多いときには各利用者の担当スタッフを明確にしてスタッフ間のコミュニケーションをとる必要があります。

      一階は宿泊施設で区分されているので、階下からの出火の場合には正確な出火場所の把握と風向き、煙の確認が避難ルートの決定に必要な情報であることも理解できました。通路も広く、高層階でもないのでけして逃げにくい建物ではないですが普段からなるべく多くの逃げ道を考えておくことは有用でしょう。

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      空港ではなく漁港から

      0

         

        旧暦の五月四日はユッカヌヒーよ呼ばれ、沖縄の各地で

         

        サバニを漕いで競走するハーリーの日

         

         

        編集_DSCN5283.jpg

         

         

        編集_P1710289.jpg

         

         

        編集_DSCN5675.jpg

         

         

        編集_DSCN5673.jpg

         

         

        編集_DSCN5621.jpg

         

         

        編集_DSCN5616.jpg

         

         

        編集_DSCN5612.jpg

         

         

        編集_DSCN5503.jpg

         

         

        編集_DSCN5442.jpg

         

         

        編集_DSCN5378a.jpg

         

         

        編集_DSCN5777.jpg

         

         

        今日ばかりは、ヒコーキおじさんも石垣空港ではなく

         

        浜崎町の石垣漁港に様子を見に行ってきました

         

         

         

        転覆ハーリーのクライマックス

         

         

        ハーリーの楽しみ

         

        サバニという沖縄独特の伝統的な船型を持つハーリー舟を10人の漕ぎ手と一人の舵取りがあやつって競走する。

        漁業を生業とする糸満海人にとっては、海の神に航海安全や豊漁を祈る年に一度の重要かつ神聖な祭事であるとともに、広く地域行事として定着しています。

        石垣漁港の場合は職場毎でグループを作って参加する職域ハーリーや水産関係ハーリー、また女性だけによるマドンナハーリーなど参加者にも住民たちを広く取り込んでおり、当日はコミュニティーFM石垣さんさんラジオでも実況中継されるイベントにもなっているのです。

        見ていると糸満海人発祥のハーリーは伝わった地域により、また時代とともに変貌しつつも、重要な魂を次代に受け継いでゆく伝統行事のあるべき一つの姿を見る思いがします。

        伝統技術で言えば、エークと呼ばれる長い櫂を使っ舟の漕ぎ方や長い舟を旋回させる技にもですが、見所として、ひときわ興味深いのは転覆ハーリーでしょう。

        サバニは抵抗を減らし速度を重視した細長い船型になっているためにロールしやすく、不用意に重心移動したり、横波を受けたりすれば転覆することがあります。この転覆ハーリーでは本部の合図に従って、わざと舟を転覆させ、いかに早くリカバリーして再び何もなかったかの様に漕ぎ出すか、チームワークとその技術が問われます。

        舟にとって転覆自体は好ましいことではないはずですが、転覆しても力を合わせてすばやく復元する能力を持つことでサバニはあの形状を保っているともいえるでしょう。もしサバニが転覆しない幅の広いタライのような舟だったらどうでしょう。遅いし、あの勇壮な雰囲気にはならないと思います。

        そこに避けられない災難があるとすれば、あってもカタストロフにならないよう日ごろから協力して備える。

        ここに毎年、襲来する台風被害を力を合わせて復旧させ、旱魃のときは節水して乗り切ってきた島での生活の知恵が形を変えてイベントの中に刷り込まれているような気がいたします。

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        ぴっころ8020

        0

           

          歯科医の先生による歯科検診と歯磨き指導が行われました

           

          幼児から始める8020運動

           

          しっかり磨いて咀嚼力を鍛えましょう

           

          編集_DSCF9176.jpg

           

           

          編集_DSCF9186.jpg

           

           

          編集_DSCF9181.jpg

           

           

          編集_DSCF9160.jpg

           

           

          編集_DSCF9170.jpg

           

           

           

          編集_DSCF9166.jpg

           

           

          ここで言わなくてもいいのに

           

          最近、マスメディアでよく取り上げられる8050問題。ボクは80歳になっても20本の自分の歯を残そうという8020運動の延長上にある問題かと思っていた。

          曰く”実際には20本では生活に支障があり、80歳で50本の歯は必要である”、と。

          でも人生100歳時代になって、2000万円は持ち出しになるという年金問題じゃあるまいし。そもそも人間の歯は親知らずを入れても32本しかないではないか。

          どうやら8050問題とは8020とか関係なく80歳になった親と同居する50歳台の問題であったようだ。

           


          島の魅力にハマる視察団

          0

             

            東京昭島市で放課後等デイービスを運営されている

            つむぐさんの御一行が来島されました

             

            放課後等デイサービス つむぐ

             

            DSCN0162.jpg

             

            昨年も同じ時期に来られて、ぴっころも視察いただきましたが

            今回は昨年、十分まわれなかった西表島、竹富島の自然景観や

            水中を重点的に”視察”されたようであります

             

            DSCN0165.jpg

             

             

            こうやって同業者の方々が島の魅力にハマってリピートして

            訪ねていただけると情報交換もできて嬉しいな。お土産も

            もらってしまいました。アリガト。

             

            DSCF6444.jpg

             

            実はこれ、昨年の竹富島でのご様子。きっと今回はここまで

            天気は良くなかったようですが、また来年もご来島をお待ち

            申し上げてております

             

             

             

             

             

             

             


            光るんです

            0

               

              最近、サザンゲートブリッジが夜になると光ってます

               

              親子で夜の散歩はいかがでしょうか

               

               

              光る色は明日の天気予報になっているらしいです

              赤は晴れ、緑は曇り、青は雨らしいです

               

              P1680368.jpg

               

              様々な色を作り出しているのは橋を照射するこの

              LEDライトの組み合わせ

               

              P1680410.jpg

               

              時間帯によってこのように七変化したりもしますが

               

              newimage1.gif

               

              レインボーブリッジではありません、まぎれもなく

              サザンゲートブリッジです

               

              P1680417.jpg

               

              キッズと一緒に渡ってみました。お金もかからず身近な

              異次元体験が可能です

               

              P1680305.jpg

               

              プロジェクトマッピングもあるとのことだったので

               

              僕らは橋全体にマッピングするのだとばかり思って

               

              期待して待っていたのですが・・・そうか橋ではなく

               

              投影されるのは橋脚と底面だったんですねえ

               

              こちらは割と普通なカンジです

               

               

               


              ぴっころ私的防災の日

              0

                 

                暦の上では、啓蟄でしたが、ぴっころは独自防災の日と位置づけ

                 

                火災を想定した避難訓練を実施しました

                 

                編集_P1650660.jpg

                 

                火災警報の発報とともに出火場所の確認をします

                 

                編集_P1650614.jpg

                 

                出火場所は1Fの宿泊施設東側と確認。担当する子どもたちと

                手をつなぎ脱出するスタッフ

                 

                編集_P1650617.jpg

                 

                出火場所から遠い西非常階段を使用して北側道路へと退避します

                 

                編集_P1650625.jpg

                 

                焦らずに、しかも速やかに、もっとも近い避難場所である

                近隣の駐車場へと向かいます

                 

                編集_P1650631.jpg

                 

                「警報ベルが鳴ってから7分で全員無事避難を完了しました」との

                結果発表と避難訓練についての質疑応答の時間

                 

                編集_P1650655.jpg

                 

                質問:「おやつ中で、おかわりがまだの時でも逃げるんでしょうか?」

                回答:「はい。逃げ遅れて煙にまかれたら、一生おやつなしですよ。」

                 

                編集_P1650661.jpg

                 

                 

                災害時にも冷静に生き伸びれば、いいことがいっぱいあるはず

                 

                人生上手は逃げ上手です

                 

                まずは自分の命を守ってください

                 

                 

                 

                 


                石垣島の暑いお正月

                0

                   

                  八重山では、あの世の正月とも言われる十六日祭、地元ではご馳走を持ってお墓に行き先祖の供養をする日。

                  あまり天気は良くないかも、との事前の予想を覆し、見事な晴天。

                  波照間も連日28度超の最高気温を記録し、石垣島でも真夏を思わす陽気に汗だくな墓参りだったのだろう。

                  お墓参りを終えてやってきたCちゃん、お天気でよかったねというと「良すぎ!」と一言。

                   

                   

                  普段は人け少ない墓に面した道路にもクルマがずらりと並ぶ

                   

                  DSCF5110.jpg

                   

                  そんなの関係ない。とばかりに、ぴっころでは

                  ベランダで遊ぶ子どもたち

                   

                  DSCF5109.jpg

                   

                  お休みの子が多いけど、よかったよね、お友達がいて

                   

                  DSCF5104.jpg

                   

                  ベランダ暴走族は、レディースが居ないので男の子たちの天下だ

                   

                  DSCF5105.jpg

                   

                  わが世到来とばかりに遊び放題。族の未来は僕らが担う

                  そんな決意の2人であった

                   

                   

                  そして今宵も、空を仰げば昨日に続いてスーパームーン

                   

                  ちょっとデカ過ぎないか?

                   

                   

                   

                   


                  非常勤パンダさん成人になるの巻

                  0

                     

                    1月4日は石垣市の成人式です

                     

                    編集_P1590716.jpg

                     

                    フライトぴっころの非常勤講師で日本航空大学校に通う

                    兄貴も成人式を迎えました

                     

                    編集_P1590778.jpg

                     

                    島を離れてはや5年ですが小学校時代の友達も揃って

                    成人式を迎えることができました

                     

                    編集_P1590686.jpg

                     

                    中学時代の友達もそれぞれに個性を伸ばし、久々に集まった容姿は

                    高座に上がる師匠をエスコートするボディガードと営業みたい

                     

                    編集_P1590818.jpg

                     

                    いまや国防をつかさどる同級生はバシっとスマートに決めて

                    やってきてくれましたがさっそくハルコお婆のカメカメ攻撃に!

                     

                     

                    石垣市の成人式が終わったあとは昔懐かしい学び舎に集って

                    小学校時代の”あったあった話”に花が咲く

                     

                    編集_P1590807.jpg

                     

                    編集_P1590739.jpg

                     

                    編集_P1590722.jpg

                     

                    それぞれの期待と決意を胸に大人への扉を開いた皆さんに乾杯

                     

                    もう背伸びをして大人ぶる必要はないんだ

                     

                    先輩達は、あまり良い状態で社会を手渡しては

                     

                    あげられなかったかもしれないが

                     

                    これからはキミたちが自分で良いと考えることをして

                     

                    社会を前に進めてくれることを願っています

                     

                    成人おめでとうキミも今日からはボクらの仲間♪

                     

                    今日は一緒に飲もうじゃないか

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    今年さいごのクッキング

                    0

                       

                      ぴっころ、本年の営業は、このクッキングをもちまして

                       

                      無事終了しました

                       

                      編集_DSCN9280.jpg

                       

                       

                       

                      WS000907.jpg

                       

                       

                       

                      DSCN9224.jpg

                       

                       

                       

                      WS000902.JPG

                       

                       

                       

                      DSCN9261.jpg

                       

                       

                       

                       

                      DSCN9194.jpg

                       

                       

                       

                      DSCN9182.jpg

                       

                       

                       

                      DSCN9279.jpg

                       

                       

                       

                       

                      DSCN9278.jpg

                       

                      また来年も美味しいものつくろうね

                       

                       

                      良いお年を!

                       

                      親御さんには、今年一年のご協力に感謝し、事故もなく無事に終えられて安堵するとともに、利用者の子どもたちが家族とともに暖かなお正月を過ごし、新年、さらに元気な笑顔で、やって来てくれることを楽しみに、お待ちしています。

                      来年は1月8日(火)からの営業になります。

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/13PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM