デイゴとサクラ

0

     

    市内の小学校では卒業式が行われていた

     

     

     

    卒業式といえば沖縄ではデイゴの花、そんな時期だ

     

    同じ頃、ソメイヨシノの全国初の開花宣言が長崎で出されていた

     

     

    地域が違えば花も違う。サクラはいつ咲きますか?との問題に”冬”と答えてしまうウチナーの子をバツにしたらいけない気がする。

    一方で、雪が解けたら何になりますか?の質問に”春”になると答えた子を馬鹿にしてもいけないと思う。

    正解は水です。って分かってますよそんなこと。理科ですから。

    ただ地域が違えば季語も違うし、科目が違えば必要なセンスも違いますものね。

    「できない子」ではなく、正しい土俵で正しく評価してあげる、それが子どもにとっては大切なことのような気がいたします。

     

     


    Are you possible?

    0

       

      え!本当にキミがつくったの?

       

      身長の倍ありそうだけど・・・

       

       

       

       

      スカイツリーの隣で自慢げなKs君

       

      Of course I'm possible!

       

       

       

       


      ママごと本格派!

      0

         

        若いママさんたちが子どもを通じてのお付き合い

         

        編集_DSCF5597.jpg

         

        最近では赤ちゃんを抱いてままごとスペースに

        集まってくる

         

        編集_DSCF5599.jpg

         

        子どもたちはママにだっこされてスヤスヤ

         

        編集_DSCF5599.jpg

         

        子どもを寝かしつけてのおしゃべり

         

        主婦の楽しいじかん

         

        編集_DSCF5614.jpg

         

         

        あれ!赤ちゃん顔まで布かぶってない?

         

        ま、いいか

         

        なぜか人形の居る景色は、空気までがやわらかい

         

         


        遊ばれキャラ@ぴっころ

        0

           

          ぴっころでよく遊ばれるキャラクターの双璧

           

          それはね・・・

           

          編集_WS001134.jpg

           

           

          編集_DSCF5498.jpg

           

           

          編集_DSCF5509.jpg

           

           

          編集_DSCF5516.jpg

           

           

          編集_WS001133.jpg

           

          手作りのシーシーとヴァルドルフ人形

           

          これだけ遊んでくれたらつくったスタッフも嬉しいね

           

           

           


          共通の関心。それはコミュニケーションだ!

          0

             

            Sy君がはじめて見るオイルタイマーのデコレーション

             

            DSCN5335.jpg

             

            液体の中の玉の動きがおもしろいぞ

             

            DSCN5332.jpg

             

            そこへKs君もやってきて

             

            DSCN5343.jpg

             

            友達と楽しみを共有した瞬間

             

             

             


            ロボットにはない人形の魅力

            0

               

              人形は人間の仕事を手伝ってくれるわけではない

               

              編集_DSCF5399.jpg

               

              二足歩行ができるわけでもペッパーみたいに人間の

              話し相手になってくれるわけでもない

               

              編集_DSCN4989.jpg

               

              人間の手伝いはできないけれど、Kiちゃんは一生懸命、そんな

              ま〜君のお着替えをしている

               

              編集_DSCN4978.jpg

               

              ぴっころにやってくると、一目散に人形を持ち出して相手を

              することが、この上なく楽しそうだ

               

              編集_DSCN5045.jpg

               

              いつも自分がお世話されているように

              お人形さんにも語りかける

               

              編集_DSCN5126.jpg

               

              そして、お人形さん4体。まるで自分も人形の世界の

              住人になってしうまったかのようだ

               

              編集_DSCN5123.jpg

               

               

              科学技術の発達により昨今、AIってなんだ、人間ってなんだ、と

              問われることが多いが

               

              人形ってなんだ、人間ってなんだ?それは過去からある対極にある

              問いかけなのかも知れない

               

               

              人形にはAIロボットのような人を超えるような能力はないけれど、人の愛情を感じたり、ともに寄り添うチカラはあるんだね。そして人と同様に大切な命や魂は持ちあわせているのではないだろうか。子どもはそれを感じ取って自然に人形の世界に入ってゆけるように思える。

              普段やってもらっていることを人形相手ですることで、子どももまた自分が何かということを確認しているのかも知れない。

              かくしてYさんが置き土産にして行ってくれたみ〜ちゃんとま〜君は、ぴっころで毎日、大活躍しています。

               

               

               

               


              チェ〜ン・リアクション!?

              0

                 

                 

                先日、お伝えしたAちゃん製作のチェ〜ンブランケットを

                 

                Si君に試してもらった

                 

                編集_DSCF5334.jpg

                 

                編集_DSCF5335.jpg

                 

                編集_DSCF5326.jpg

                 

                 

                編集_DSCF5325.jpg

                 

                 

                編集_DSCF5328.jpg

                 

                 

                幼児用だから、Si君にはちっちゃいけど、その表情から

                 

                落ち着く充足感は大いに感じてもらえたようです

                 

                このプアマンズチェ〜ンブランケット計画、有望かも知れません

                 

                 

                 


                そして母になる!?

                0

                   

                  子どもたちはスタッフさんの的確な指導のもと、自分のできることをお手伝いし、力をあわせて食事をつくることはマスターしているみたいだ。

                  そしてできた食材をテーブルに並べ一緒に楽しくお食事することも出来ているね。

                  食後のくつろぎの時間にはまったりもし、仲良く友達と遊ぶこともできている。

                  あと社会に出て必要なことは、なんだろうと思ったら・・・

                   

                   

                  編集_DSCN4851.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN4894.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN4899.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN4897.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN4863.jpg

                   

                   

                  編集_DSCF5210.jpg

                   

                   

                  編集_DSCF5196.jpg

                   

                   

                  編集_DSCF5193.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN4842.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN4936.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN4932.jpg

                   

                   

                  な、な、なんと家庭をもって子育てをすることだった!

                  ちょっと途中のステップを一機に飛ばしている気もするけれど、Y子さんのつくってくれたお人形のみ〜ちゃんとま〜君は子どもたちの新しいやる気に火をつけたようだ。

                  かいがいしく赤ちゃんの子守をするママやイクメンの姿が見られた。

                  また、その笑顔からは一方的に保護される立場から、だれかの面倒を見てあげることで違った幸福感を見出したようにも見える。

                  だれかの世話をする、時に、それは自分を伸ばす一番の動機となる。

                   

                   


                  Why?

                  0

                     

                    磁石の上に単三乾電池を載せ銅線でつくった

                    やじろべえをのせる

                     

                     

                    銅線のを輪のようなカタチにし、両方の先端を

                    磁石に近づけると回るという

                     

                     

                    だまされたと思ってやってみると、ほんとだ

                    なんでこれで回るんだろう?

                    電気は流れてないと思うんだけど

                     

                     

                    結局、微妙なバランスでしばらく、くるくる回ってから落ちた

                     

                    Why?

                     

                     

                    ぴっころで回転系の権威といえばこの方をおいて他にいない

                     

                    是非、ご意見をちょうだいしたい

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    どうやったらもらえるの?

                    0

                       

                      Miちゃんがかぶっていたロッテマリーンズの帽子

                       

                       

                      皆にくれたのか、くじで当たったのか根ほり葉ほり聞いたのだが

                       

                      結局、送迎の時間内で聞き出すことはできなかった

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/36PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM