教授の挑戦

0

     

    巨大ハンドスピナーで教授はひらめいた

     

    DSCN0144.jpg

     

    中心に重心をそろえれば積み重ねたカップも倒れないハズ

     

    DSCN0142.jpg

     

    教授の予測は正しかった

     

    ガンバレ アインシュタインJr

     

     

     

     


    小さな大発見

    0

       

      クルマを停めると助手席でMiちゃんがケラケラと笑う

       

      min.jpg

       

      ん?最初、ボクは何が面白いのか分からなかったが・・・

       

      彼女の視線の先をよ〜く見ると

       

      P1160557.jpg

       

      シフトレバー根元のメッキ部分に映る僕らの姿が・・・

       

      P1160557B.jpg

       

      本当だ。向こう側から小人さんたちが、こちらを覗いているみたいだね

       

      小さな大発見!記念に写真を撮りました

       

       

      MEMO:

      特別な行事もない日常生活のなかにも、注意してみれば、いろいろと発見はあるものだ。

      こんな小さな発見に心をときめかせケラケラ笑えるMiちゃんの視線の先には、これからも、いろいろな発見があることだろう。

      プリクラだって自撮り棒だって、恐らくこうした、ふとしたきっけで生まれたに違いない。

      些細なことを見つけて楽しめる能力は、みんなを幸せにする可能性を秘めている。

       

       

       

       

       

       

       


      頭のいい人が出すマヌケな結論

      0

         

        ネット上には様々な情報が転がっていて、時々、ボクは権威ある研究者や有名な調査機関から発表される科学的データに基づいた(つもりの?)アホな記事を笑いながら読んでしまうことがあります。

         

         

        WS000096.JPG

         

         

        たとえば、最近、「結婚にメリットがないことが遂に科学的に証明される」そんな記事を見つけました。

        果たして結婚のメリットというのは科学的証明が必要であったり、また証明可能な命題といえるのだろうか・・・

        こんな根拠で婚姻制度のデメリットを証明できるとすると、美人とブスの経済的価値の相違とか、障がいの有無と幸福の関係とか、他にもいくらでも科学的データに基づいて証明できてしまいそうで怖いですね。

        そして頭脳明晰な人ほど、定義域の狭い研究のなかで、こうした結論を導きやすいのではないかと危惧します。

        彼らは客観的データを揃え、美人は周囲の男たちに何でもタダでやってもらえる可能性が高くお徳である、とか、障がいがあると手間がかかるから費用対効果では損で家族も不幸、ってな結論を導いて証明した気分になるんじゃないでしょうか。

        この議論、そもそも人間が何者で、何のためにこの世に生まれて来るのかという前提は見事に省いていますよね。

         

         

        C6CFYb2UsAAWu9w.jpg

         

         

        結婚にはメリットはなく、人生は要するにストレスなく豊かな人間関係が築けるかどうかですって?

        「それは、キミ、一度、結婚してみるといいよ。」って言いたくなります。

        「良い妻ならそれで幸せになれるし、たとえ悪妻だったとしても哲学者になれる。」

        いや、これはボクが言ったわけじゃありません。

        悪妻で有名だったクサンティッペを娶った古代ギリシャの哲学者、ソクラテスさんの言葉ですけどね。

        哲学者だけあって、科学万能論者よりも深遠なことを言うと感心します。

         

         

        hakaba.jpg

         

         

        人間関係があれば、そこにはストレスだってあるに決まっているじゃありませんか。

        身近な関係あればこそのストレスですし、迷惑かけあえてこその豊かな人間関係なのじゃないんでしょうかねえ?

        また、この結婚議論のなかには、二人の責任において育むであろう子どもの姿もカンペキ無視されてます。

        更に自分が子どものころの話も、両親のことも、老いてからの自分の姿も視野にはないのかも知れません。

        わざわざ証明してくれてご苦労さんって感じですが、この結論は凡人だって知ってます。

        昔から結婚は人生の墓場って言うではありませんか。さあ、たのしく夜は墓場で運動会でもしますかね。

         

         

        いずれにしても人間、最後は墓場、生きている間はストレスを糧に自分らしく生きましょうや。

        次のステージでは、お化けは死な〜ない〜♪の楽しい毎日が待っていますから。

         

         

         


        ミニオンとお散歩してくるね

        0

           

           

           

          編集_mv2201.jpg

           

           

          編集_mv2206.jpg

           

           

          編集_mv2247.jpg

           

           

          編集_mv2245.jpg

           

           

          編集_mv2297.jpg

           

           

          編集_mv2298.jpg

           

           

          編集_mv2294.jpg

           

           

          編集_minion400.jpg

           

           

          ミニオンと一緒だとお散歩も楽しい

           

          ミニオンはいつも貴方とともにあります!

           

           

           

           


          ぴっころ的ビール祭り

          0

             

            いま、ぴっころ内ではひそかなブームと言われる

             

            オリオンビール提供

             

            コップで遊ぼうの時間がやってまいりました

             

            DSCN9266.jpg

             

            ベルリンの壁ならぬ、オリオンの壁を製作中?

            鉄のカーテンよりも透明性が高いね

             

            DSCN9659.jpg

             

            あ、さて、さて、さては南京玉すだれ〜状態

            はたからみていると・・・

             

            DSCN9658.jpg

             

            遊ぶというよりは、弄ばれているカンジもいたしますが

             

            DSCN9651.jpg

             

            遊びとは、日常のものから非日常を体験する工夫

             

            賢い生き方の原点でもあります

             

            それにしても、ここまで

             

            ビールを飲まないで陶酔できる人たちがいるとは・・・

             

             

             

             


            ぴっころの和室、その光と影

            0

               

               

               

              編集_DSCN9029.jpg

               

               

              編集_DSCN9028.jpg

               

               

              編集_DSCN8998.jpg

               

               

              編集_DSCN8994.jpg

               

               

              編集_DSCN9023.jpg

               

               

              編集_DSCN9028.jpg

               

               

              編集_DSCN9025.jpg

               

               

              遊んでいるのか、遊ばれているのか

               

              闇のぴろぴろ大王とブラックサザエさんとの対決は続く

               

               

               


              僕の愛車はFerrariです

              0

                 

                 

                編集_DSCN8995.jpg

                 

                 

                編集_DSCN9002.jpg

                 

                 

                編集_DSCN9006.jpg

                 

                 

                ル・マン式で愛車に駆け寄りスタートするドライバーのKs君

                 


                ハンドスピナー進化論

                0

                   

                  一時、八重山でも流行ったハンドスピナーにかんがみ

                   

                  ヒトは「まわるものが好き」を検証してみる

                   

                  title.jpg

                   

                  廃品利用で巨大ハンドスピナーを作ってみた

                   

                  編集_DSCN8439.jpg

                   

                  さっそく、かかった?

                   

                  編集_DSCN7945.jpg

                   

                  ぴろぴろの大家である回転系の師匠も視察に訪れる

                   

                  編集_DSCN7927.jpg

                   

                  洗濯機ではないのだが・・・

                   

                  編集_DSCN7929.jpg

                   

                  次々に放り込まれてメリーゴーランド状態に

                   

                  編集_DSCN7936.jpg

                   

                  宇宙飛行士を希望してないゾウさんも

                   

                  編集_DSCN7935.jpg

                   

                  そしてトラさんも回転系の格好の餌食に!

                   

                  編集_DSCN0649a.jpg

                   

                  仲良くルーレットに興じるかと思えば

                   

                  編集_DSCN0431.jpg

                   

                  ぶんぶんレッドゾーンの限界まで回され

                   

                  編集_DSCN0413.jpg

                   

                  優しい教授はコーヒーカップにして

                  楽しんでいましたとさ

                   

                   

                  ぴっころ商品開発部の舞台裏

                  ただ、ただ、まわるだけのハンドスピナーが、なぜあんなにバカ売れしたのか?それを知ることは今後ヒットするであろう新商品の潜在需要を紐解く鍵になるかも知れない。

                  はたしてヒトは本当に回るものが好きなのだろうか?

                  回転と人間の関係を検証すべく壊れた机と廃棄になった車輪をつかって、とりあえず、まわるものを作り、ぴっころ内に置いてみた結果が上記の写真集である。

                  やはりこれを見ても回るものがあると回そうとするのが本能のような気がする。

                  また、これは昔からあるコマの一種なのかもしれない。そう思った。確かにコマは漢字で独楽と書き一人で楽しめる気軽さがある。

                  回したのが自分であれば眺めているだけでも何かをやっている満足感もあるような気がする。

                  大人の場合だと難題に窮して確信的な行動にうつれないときに、片手間につい回してしまうのも、この「なにかやってる感」を演出するツールとしての役割を暗示しているではないか。

                  物理的には、はやく回せば回すほど長く回っていること、また上に何かを載せれば回転という運動をよりよく体感でき、遠心力やコリオリの力などをリアルに感じとる玩具としても大きな意味があるだろう。

                  重心を一点に保ちながら運動を継続する回転という不思議な事象には、まだまだ発展が期待されるのではなかろうか。

                  実は載せたかったが、自主規制した写真が数枚あった。このホイールの上に乗って自らが回ろうとしていた少年の図だ。

                  掲載を断念した理由は強度的に問題があり、安全面でお勧めできないからだが、一方で重要なひらめきを含んでいるのも事実だ。

                  回した次は、自分ごと回ってしまったら一体どうなるのか・・・ごく自然な知的欲求だし素晴らしい飛躍だと思う。

                  それを現実にやってしまったエジソンは発明王にもなったし、ヤバい事態もしばしば引き起こしている。

                  ユニークなことをするヒトは失敗もするが、明日の社会を変えるポテンシャルも秘めてるかも知れない。ヒトと回転の様子をもう少し眺めてみたい。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  正解はこれ

                  0

                     

                    なるほど〜 なんと正解はぴろぴろ立てでした

                     

                    DSCN7991.jpg

                     

                    なんだか一種の伝統美を感じますな〜

                     

                    DSCN7990a.jpg

                     

                    はたしてS君は気に入ってくれるのでしょうか

                     


                    アートなひらめき

                    0

                       

                      Chicaちゃんの作品

                       

                      編集_DSCN0697.jpg

                       

                      手の表情をとらえた素朴な作品に思えたが・・・

                       

                      編集_DSCN0699.jpg

                       

                      その裏には深遠な意図が隠されていた

                       

                      編集_DSCN0701.jpg

                       

                      その答えはCM2のあとで・・・

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/25PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM