トワイライトゾーン

0

     

    SNS時代、GAFAに個人情報を特定され過ぎていて不安だ

     

    まるで一日中、誰かに見られている気がする

     

    そんなあなたに護身のステルス化、分身の術をお教えします

     

     

    P1640798.jpg

     

     

    日中が短くなる季節、深夜徘徊までには十分な時間があります

     

    そんなときには家族で夜陰にまぎれてみましょう

     

     

    P1640806.jpg

     

    暗くて、よく見えない?これが特定されすぎの時代に

    身を守るために必要とされる術なのです

    そして闇では動くものは消え去ります

     

    P1640808.jpg

     

    カメラを固定し長時間露光の途中で移動してみましょう

     

    心霊写真も透明人間も簡単に出来ます

     

    P1640835.jpg

     

    止まって、動いて、また止まる。こうすることでアナタは

     

    自分の分身をも作ることができるのです

     

    P1640832.jpg

     

     

    さらに、もっと多数のコピーだってつくることが可能でしょう

     

    キッズは見事に3人になってみせてくれました

     

    いったいどれが本当の自分?哲学するのも良いでしょう

     

    たまにはステルス・デコイ作戦で不確かな自分を演出してみましょう

     

     

     

    ああ、もう暗い!

     

    ぴっころの送迎の終わりころには、日が暮れる。そんな季節になりました。でもそれは同時に、時計を見るとあれ?まだこんな時間なんだ、と、感じる季節でもあります。

    そんなときには、お弁当持って夜のドライブとシャレ込んでみるのも家族のリレーションシップの向上につながるかも知れませんね。

    空模様によっては星空観察だったり、月見もできるお金のかからない非日常の演出にもなるでしょう。

    長い夜、おうちで読書やネットもいいですが、たまには一歩外に出てみるのも石垣島ならではの楽しみ方だと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    期待値と現実

    0

       

       

      ウィンドーショッピングにトキメキは、ありますか?

       

       

      いまの彼女の心境をお察しすれば、それは

       

      Photo Editor_WS000647.jpg

       

      今まさに手が届こうとしているワクワクの源

       

      Photo Editor_DSCN4865.jpg

       

      もうここまで来たらあと一押し、もはや

       

      Photo Editor_WS000646.jpg

       

       

      「いいえ、買いませんからね」

       

      人生というのは夢と裏切られる期待とで、ほぼ成り立っている

       

      Kiちゃんドンマイ!

       

       

       

       

       

       

       


      ぷりてぃだね

      0

         

        ヒトの一生には、いろいろな季節が訪れるけど

         

        なにをやってもかわいい!

         

        そんな季節ってあるよね

         

         

        Photo Editor_DSCN0720.jpg

         

         

        Photo Editor_DSCN0728.jpg

         

         

        Photo Editor_DSCN0731.jpg

         

         

        Photo Editor_DSCN0721.jpg

         

         

        Photo Editor_DSCN0732.jpg

         

         

        Photo Editor_DSCN0714.jpg

         

         

        Photo Editor_DSCN0715.jpg

         

         

        幼児の無心な表情は社会の宝物

         

        何をしてもかわいい季節。楽しみながら見守ってゆきましょう

         

         

         


        ハロウィーンが終わっても

        0

           

          親御さんがドレスを持ってきてくれたので

           

          さっそく着飾ってみた

           

           

          Photo Editor_DSCN0569.jpg

           

          まんざらでもないKs君をみて、ひらめいた

           

          Photo Editor_DSCN0542.jpg

           

          こんな王様が世界のどこかに居そうな気がする

           

          Photo Editor_WS000657.jpg

           

          そして着替えた二人は踊り子のようにも見えた

           

          Photo Editor_DSCN0567.jpg

           

          イメージはドガの踊り子の世界に迷い込んだ二人

           

          Photo Editor_WS000633.jpg

           

          これならウェディングドレスにもなるのかも

           

          なかなか ス・テ・キ

           

          Photo Editor_WS00062111.jpg

           

          さらにもしかして、彼女なら着れるんじゃない?と

           

          先輩にいじられる後輩スタッフ

           

          Photo Editor_DSCN0558.jpg

           

          マジかい?でもイイ感じ。イケてるんじゃない?

           

          Photo Editor_WS000645.jpg

           

          う〜ん完璧、白雪姫とKs君、そして6人の小人たち

           

           

           

          ワタシ以外、ワタシじゃないの。当たり前だけどね

           

          でも、ときにはワタシじゃないワタシになるのも悪くないかも

           

           

           

           

           

           

           

           


          色をつけてみよう

          0

             

            汗をぬぐうこともなく、さわやかな空気に身を浸し

             

            ゆっくりものごとに集中できる季節

             

            Photo Editor_DSCF5879.jpg

             

            好きなクレパスを手に彩りであそぼう

             

            Photo Editor_DSCF5878.jpg

             

            少し盛ったり、上乗せしたりすることを

            ”色をつける”などと申しますが

             

            Photo Editor_DSCF5894.jpg

             

            クレパスは素直なこどもたちの日常生活にも

            ちょっと色をつけているんだ

             

            Photo Editor_DSCF5902.jpg

             

            その満足気な表情からは、ココロの割り増し分を

            感じ取ることができるし

             

            Photo Editor_DSCF5904.jpg

             

            こんな、素敵な作品を拝見するとこちらもココロを

            洗われる気がいたします

             

            Photo Editor_DSCF5899.jpg

             

             

            そして秋の夜長にはゲイジツの秋もありますが

             

            Aちゃんの場合は読書の秋でしょうか

             

            みなさんも好きなことをして人生に彩りを添えてください

             

             

             

             


            暖かな場所

            0

               

              人が生きるのに必要なものは、その人によって

               

              いろいろだと思うけれど

               

               

              Photo Editor_DSCN0486.jpg

               

               

               

              Photo Editor_DSCN0473.jpg

               

               

               

              Photo Editor_DSCN0472.jpg

               

               

               

              Photo Editor_DSCF5757.jpg

               

               

              Photo Editor_DSCF5761.jpg

               

               

              なかまが居て、好きなことができ、影響しあいながら

               

              素顔ても安心できる場所があれば

               

              人生はずっと生きやすくなる。そう思う。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              ぴっころ事件簿(相棒編)

              0

                 

                人形ごっこに加え、ぴっころで人気のあるごっこ遊びは

                 

                刑事ドラマものですかね

                 

                Photo Editor_DSCF5606.jpg

                 

                 

                Photo Editor_WS000550.jpg

                 

                 

                Photo Editor_DSCF5599.jpg

                 

                 

                Photo Editor_WS000551.jpg

                 

                 

                Photo Editor_DSCF5597.jpg

                 

                 

                Photo Editor_WS000556.jpg

                 

                 

                 

                ハロウィーンにつられて

                 

                ちょっと遊びすぎましたかね〜

                 

                 

                 

                 

                 


                新婚家庭をのぞく楽しみ

                0

                   

                  若くして結婚した二人には、み〜ちゃんとま〜君という

                   

                  年子で生まれた娘と息子がおりました

                   

                   

                  Photo Editor_WS000504.jpg

                   

                  座敷で両親に高い高いで遊んでもらう子供たち

                   

                  Photo Editor_WS000508.jpg

                   

                  遊びつかれた子たちは親の胸で眠ってしまいました

                   

                  Photo Editor_WS000509.jpg

                   

                  さ〜て、おやすみのベッドの準備です

                   

                  Photo Editor_WS000511.jpg

                   

                  ま〜君はお父さん、み〜ちゃんはお母さんが担当です

                   

                  Photo Editor_WS000512.jpg

                   

                  そ〜っと寝かせて、やさしく毛布をかけてあげます

                   

                  Photo Editor_WS000515.jpg

                   

                  足が出ていないか母親は細かく気を配ります

                   

                  Photo Editor_WS000519.jpg

                   

                  肩も出てないか?緻密な母親と心配蘇生法のような

                   

                  父親の寝かせ方には性差も感じられます

                   

                  Photo Editor_WS000520.jpg

                   

                  遊び疲れた子供たちが寝てしまうと大人だけの時間。あれ?

                   

                  それぞれ友達にケータイで電話しはじめました

                   

                  Photo Editor_WS000523.jpg

                   

                  しばらくすると泣き出してしまったみ〜ちゃんの様子を

                   

                  心配そうに、うかがうお父さん

                   

                  Photo Editor_WS000525.jpg

                   

                  抱っこしても、あやしても、なかなか泣き止みません

                   

                  ちょっとお母さんの表情にも疲労の色が・・・

                   

                  Photo Editor_WS000531.jpg

                   

                  背中のアセモのせいかも?、み〜ちゃんの背中を見るお父さんと

                   

                  箱のベッドがむれるのかも、とひっくりかえしてここに寝せてと

                   

                  促すお母さんの連携はかんぺき

                   

                   

                   

                  その後、家庭には静寂で平和な時間が訪れましたとさ

                   

                  メデタシ・メデタシ

                   

                   

                   

                  昨日の今日ですが・・・

                   

                  み〜ちゃんとま〜君の劇的な復活劇を見せられた気がします。

                  子どもの居る家庭あそび。それはコントではなかった。ままごとよりもリアルで、子どもたちにとっては自分も含めた家族の日常だったり、あるべき姿を表現しているようにも思えるものでした。

                  見ていて、とても微笑ましいシーンと感じると同時に、ああ、そうだったなあ・・・と子供がまだ小さかったころの思い出が次々と蘇ってきたりもします。

                  今でも忘れない。それはまだ長男が、この子たちの年頃であったろうか。

                  近所の女の子と人形をを並べた家庭ごっこをしている最中、長男はままごとに飽きたのか「ちょっと、出かけてくる」と席を立とうとすると「アナタ、この子たちはどうするのよ!」彼に浴びせた彼女の声がドラマのワンシーンのようにこだまする。

                  もう、こうなると、微笑ましいどころか、ひきつって笑えなかったりもするが、子どもというのはこうした人生劇場を生で見て育ち、一方ではそのドラマの主要な登場人物でもあるのだ。

                  結婚しないし、子どももつくらない。そうした家庭が増えている中で上記は、もはやどこにでもある普通のシーンではなくなっているのかもしれないが、み〜ちゃんやま〜君の扱われ方を見ていると、ヴァルドルフ人形は子どもたちにもリアルな喜怒哀楽を与えてくれ、真剣に扱うほど周囲の大人が目を細めるタダの人形では済まされない魔法の小物のように思えてくる。

                   

                   

                   

                   

                   


                  ココロとは物語の共有である

                  0

                     

                    絵本でも紙芝居でも演劇でも同じお話を共有することで

                     

                    ココロは育まれるのだとおもう

                     

                     

                    Photo Editor_doyou0042.jpg

                     

                     

                    Photo Editor_DSCF5063.jpg

                     

                     

                    Photo Editor_doyou0047.jpg

                     

                     

                    Photo Editor_doyou0049.jpg

                     

                     

                    Photo Editor_DSCF4998.jpg

                     

                    Photo Editor_doyou0072.jpg

                     

                     

                    Photo Editor_doyou0078.jpg

                     

                     

                    Photo Editor_doyou0094.jpg

                     

                     

                    Photo Editor_DSCF4997.jpg

                     

                     

                    Photo Editor_DSCF4989.jpg

                     

                     

                    Photo Editor_DSCF5009.jpg

                     

                     

                    多くの作品に接し、自分の好きな物語をもつことは

                     

                    先人の経験を共有し希望を与え、人生を豊かなものにする

                     

                    好きな本を読もう、読んでもらおう、読んであげよう

                     

                     

                     


                    あがってさがってまたあがる

                    0

                       

                      お昼寝の時間、眠れないKn君をドライブに誘い出す

                       

                      編集_P1630523.jpg

                       

                      空港に行こうシリーズ第2弾、ヒコーキおじさん的には

                      期待したのは、こんなシーンだったが

                       

                      編集_P1630508.jpg

                       

                      Kn君のお目当てはエスカレータに乗ってあがり

                       

                      編集_P1630520a.jpg

                       

                      そしてエレベータに乗って降りることだった

                       

                      編集_P1630506.jpg

                       

                      エスカレータとエレベータを使い到着フロアと搭乗フロアを

                      行ったり来たりすることしばし

                       

                      編集_P1630531a.jpg

                       

                      次はランウェイ側にある奥のエレベータに乗って

                      4階展望デッキへと向かう

                       

                      編集_P1630537.jpg

                       

                      4階展望デッキに着くと大喜びのKn君だったが

                       

                      編集_P1630534.jpg

                       

                      プッシュバックされるANAのB737−700に

                      目をくれることもなく

                       

                      編集_P1630525.jpg

                       

                      エキサイティングなエレベータに戻ると再び地上へ

                      昇降機器マニアのKn君だった

                       

                      編集_P1630555.jpg

                       

                      や〜!今日はいいフライトだった。上昇下降を振り返りながら

                       

                      乾いたのどを潤しているKn君なのでありました

                       

                      空港はチケット不用の乗物に溢れるアミューズメントパークだった

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/41PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM