競うのは高さだけじゃない

0

     

    上へ上へと高さに挑んだ子がいれば

     

    独自の形を求める子もいる

     

    編集_DSCN8350.jpg

     

     

    編集_DSCN8346.jpg

     

     

    編集_DSCF0337.jpg

     

     

    編集_DSCN8338.jpg

     

     

    編集_DSCF0327.jpg

     

     

    同じ素材を使って作っても個人の夢のカタチは様々だ

     

    どうなるかわからないことはやってみればいい

     

    気に入っても入らなくても経験になる

     

     

     

     


    目指せ Number One !

    0

       

       

      人生は長い、まずは楽しいことを見つけてコツコツはじめてみよう

       

      やっているうちにもっと面白くなるから

       

       

      編集_DSCN8325.jpg

       

       

      編集_DSCN8199.jpg

       

       

      編集_DSCN8214.jpg

       

       

      編集_DSCN8234.jpg

       

       

      編集_DSCN8275.jpg

       

       

      編集_DSCN8289.jpg

       

       

      編集_DSCN8298.jpg

       

       

      編集_DSCN8304.jpg

       

       

      編集_DSCN8311.jpg

       

       

       

       

      芽生えた好奇心はカプラを天井に向け上へ上へと伸ばしていた

       

      キミはチェレンジャーだね

       

       


      可愛い共同作業の行方

      0

         

         

        結婚式でのケーキカットではないけれど

         

        ぴっころで始まった二人の共同作業

         

        編集_DSCN7193.jpg

         

         

        編集_DSCN7194.jpg

         

         

        編集_DSCN7199.jpg

         

         

        編集_DSCN7196.jpg

         

         

         

        編集_DSCN7200.jpg

         

         

        破局的瞬間のみんなの表情がいいね

         


        ワタシたちの希望

        0

           

          ぴっころに来たからには・・・

           

          編集_DSCF8392.jpg

           

           

          編集_DSCF8387.jpg

           

           

          編集_DSCF8391.jpg

           

           

          編集_DSCF8394.jpg

           

           

          編集_DSCF9015.jpg

           

           

          編集_DSCF9018.jpg

           

           

          編集_DSCN6893.jpg

           

           

          ちゃんと遊んで帰ってもらいたい

           

           

           


          午前中の楽園

          0

             

             

            梅雨なのに雨が降らない 梅雨なのに心地よい風が吹く

             

            そんな日にはバルコニー遊びが最適

             

            編集_DSCF8312.jpg

             

             

            編集_DSCF8358.jpg

             

             

            編集_DSCF8353.jpg

             

             

            編集_DSCF8318.jpg

             

             

            編集_DSCF8315.jpg

             

             

            編集_DSCF8307.jpg

             

             

            編集_DSCF8305.jpg

             

             

            編集_DSCF8296.jpg

             

             

            編集_DSCF8295.jpg

             

             

            編集_DSCF8292.jpg

             

             

            編集_DSCF8288.jpg

             

             

            編集_DSCF8352.jpg

             

             

            石垣島の風水・考

             

            昔の井戸を埋めてはいけない。神様の通り道をふさいではいけない。八重山でも建築に関して言われることはあるけれど、過ごしやすい住宅を建てるときには、南西向きに東西に長く、南北に短く建てると吉だと思う。

            午前中のバルコニーは建物の影になって直射日光をさえぎり遊ぶのに適、昼過ぎて陽が西に傾くころは今度は北側のベランダが遊ぶのに適となり、南北に短い構造は年間通して一番ベクトル頻度の多い北東と南西の風、どちらでも窓をあければ室内を風が吹き抜ける環境をつくりだす。逆に南北に長く建物の途中にさえぎる壁をつくってしまうと風通しが悪く陽も入らない部屋をつくることになる。幸いぴっころは前記の条件に合致し、8階の建物が作り出す影により午前中は南のバルコニーで、午後は北側のベランダを利用して遊ぶことができ、室内は北東の風か南西の風が吹く場合には窓を開けることで換気が良い。子どもを育てるのは親とともに家でもあり、自然環境でもある、八重山でおうちを建てたり借りたりするときの参考になればと思う。

             

             

             

             

             


            あわ〜ふぇいばりっつ

            0

               

               

              ワタシたちの好きなこと教えます

               

               

              編集_DSCF6929.jpg

               

               

              編集_DSCF6931.jpg

               

               

              編集_DSCN6570.jpg

               

               

              編集_DSCN6577.jpg

               

               

              編集_DSCN6602.jpg

               

               

              編集_DSCN6587.jpg

               

               

              編集_DSCN6590.jpg

               

               

              編集_DSCN6591.jpg

               

               

              ニンゲンの基礎づくりは目を輝かせて

               

              楽しめるココロを育むコト

               

              なんじゃないかな

               

               


              平成最後のドライブ

              0

                 

                残り少なくなった平成。ぴっころの子どもたちは思い出づくりに

                 

                北部ドライブへと出かけた

                 

                DSCF6685.jpg

                 

                 

                DSCN6170.jpg

                 

                 

                DSCN6186.jpg

                 

                 

                DSCN6169.jpg

                 

                 

                DSCF6664.jpg

                 

                 

                DSCN6175.jpg

                 

                 

                DSCF6680.jpg

                 

                 

                DSCF6653.jpg

                 

                 

                DSCF6657.jpg

                 

                 

                DSCN6190.jpg

                 

                 

                DSCN6193.jpg

                 

                 

                DSCN6191.jpg

                 

                 

                DSCF6716.jpg

                 

                 

                遊んで、笑って、食べて・・・そして

                 

                もう明日からは令和の時代

                 

                若い君たちにも「先輩って平成生まれなんですね〜」って

                言われる時代がもう、そこまでやって来ているのだ

                 

                 

                 


                自由に遊んでよろしい

                0

                   

                  エッグハンティングをして食べたあとは

                   

                  遊びなさ〜い♪笑いなさ〜い♪

                   

                  編集_P1680759.jpg

                   

                  そして踊り狂うBGMは、なぜかハッピバースデー

                   

                  編集_P1680764.jpg

                   

                  フラガール、今日はシーシー(獅子)ガールズ

                   

                  編集_P1680770.jpg

                   

                  2Fぴっころ自由あそびの広場となっております・・・

                  これはエレベーターガール

                   

                  編集_P1680652.jpg

                   

                  ボタンを押したら、ピンポ〜ン!次とまりま〜す

                   

                  編集_P1680681.jpg

                   

                  電車オタクKn君にはゆいレールの垂涎の記憶が蘇る

                   

                  編集_P1680674.jpg

                   

                  カメラを向けると舌を出すレディ・アインシュタイン

                   

                  編集_DSCF6397.jpg

                   

                  そして、突如、荷造りを始めるKiちゃんは

                   

                  編集_P1680753.jpg

                   

                  私は決めたわ。ピクニックに行く〜

                   

                  編集_P1680708.jpg

                   

                  私は電車であそぶ〜、と、Aちゃんは

                  ドクターイエローにあずさを繋ぐ暴挙に!

                   

                  編集_P1680824.jpg

                   

                  そして僕らの自由研究は飛行機発射器を使い

                   

                  編集_P1680814.jpg

                   

                  本日のターゲットである風船に狙いを定める

                   

                  編集_P1680810.jpg

                   

                  距離よ〜し。角度よ〜し。発射〜っ!!

                   

                   

                  放たれた矢は放物線を描き見事に風船の中心を射抜く

                   

                  ・・・こともある、と、書いておこう

                   

                   

                   

                  「やってみたい」を「やってみる」

                   

                  ぴっころの自由時間は、けしてみんなが同じことはしてはいないけれど、みんながそれぞれ自分の興味や楽しみを持ち、いたずらをしながら、とことん遊ぶ。

                  嫌々やらされるのではなく、じぶんから好きなものを手にとり瞳を輝かせていることで、森羅万象からのメッセージを直に体内に取り込むことができる。

                  子どもとは、それが許される人生の中でとても貴重な時間なのだ。

                  枠はあとからでもはめられる。あらゆるものにラベルを貼り次は一体何をやってくれるの?と子どもたちがスタッフに期待するのではなく、子どもたちの自主性にスタッフが手を貸す、そういうスタンスでありたいと思う。

                  大人になるとね、お金のため、名誉のため、保身のため・・・多くのフィルターがかかって普通に見えてるいるもののほとんどが、目に入らなくなるんだ。ものごとの本質が見えてるうちに世界を広げさせてあげたいではないか。

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  フラガール・フラボーイ増殖中

                  0

                     

                    フラで知られるChicaちゃんですが、ぴっころでも

                     

                    子どもたち相手にさわりを指導

                     

                     

                    編集_DSCF6353.jpg

                     

                     

                     

                    編集_DSCF6360.jpg

                     

                     

                     

                    編集_DSCF6350.jpg

                     

                     

                     

                    編集_DSCF6355.jpg

                     

                     

                     

                    編集_DSCF6351.jpg

                     

                     

                     

                    編集_DSCF6348.jpg

                     

                     

                    NちゃんN君のダブルNコンビもやる気まんまん

                     

                    Chicaちゃんの将来のお弟子さんが、また増えそうですね

                     

                     

                     


                    新しいメニュー”子守り”

                    0

                       

                      しばらくお休みをいただきましたが、ぴっころブログ再開いたします

                       

                      不在中の写真を拝見していると思わず頬の緩む想いがいたします

                       

                       

                       

                      以前にも書きましたが臨時スタッフのYさんに作っていただいた

                      ヴァルドルフ人形が大人気

                       

                      DSCN5678.jpg

                       

                      女の子のみ〜ちゃんと男の子のま〜君がいるのですが

                       

                      DSCN5674.jpg

                       

                      写真を見ている限りでは、どうも

                      女の子たちの母性をくすぐるのはま〜君みたいですね。

                       

                      DSCN5667.jpg

                       

                      絵本を読んでもらったり、ベッドで寝かしつけてもらったり

                       

                      DSCN5738.jpg

                       

                      おんぶして部屋中連れまわされていたり、と、ま〜君は

                       

                      ぴっころ内でけっこう忙しそうです

                       

                      子どもたちは自分もされた記憶を辿っているかな、そんな気もします

                       

                       

                       

                      ぴっころのコンテンツ考:

                       

                      先日、事業所の案内を書くにあたって内容の欄に「身体を使って感性を磨き個性を見ながら支援する」みたいなことを書きました。正直、言って、ちっとも具体的内容にはなってないですよね。

                      ぴっころでは音楽療法も、クッキングも、工作も、運動も・・・その子の個性にあわせていろいろやりますが、メニューを固定したカリキュラムのようには考えていません。

                      基本は他の子との比較ではなく、その子にとって興味が高く、本人がありたいと望む将来像を見据えながらの支援をしたいと願っています。

                      愛情を持って子守りをする能力を持ち続けられたら現代社会に不足している人材育成ですし、将来、こんなお母さんたちが世の中にたくさん居たら素敵だと思いませんか。

                      また、これがぴっころに生まれた2体の人形が切り開いた新境地だとすれば、私たちにはまだまだ多くの試せる引き出しが残されているような気がしています。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/38PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM