飛行艇物語

0

     

    ボクはあまりコミックは読まないけれど・・・

    こんなコミックには、とても興味がある

     

    P1380396.jpg

     

    世界屈指の救難飛行艇、新明和のUS-2開発物語だ

     

     

    我々は飛行艇開発において日本が世界のトップレベルにある

    ことをもっと誇っても良いと思う

     

    P1380406.jpg

     

    新明和工業の前身は、九七大型飛行艇や二式大型飛行艇を

    作った川西航空機

     

    P1380397.jpg

     

    床屋さんの椅子やトラックのパワーゲートといったものも

    商売としてはつくってはいるが

     

    P1380398.jpg

     

    その遺伝子は紛れもなく飛行機屋の血なのだ

     

     

    民間機開発では遅れをとった日本だが、世界に冠たる飛行艇

    メーカーとなり得た裏には一人の男の飛行艇への愛があった

     

     

    日本の飛行艇開発の父 菊原静男氏

     

     

     

    菊原静男さんのこと:

     

    ボクには小さい頃から日本はエンジンの4つついた4発の大型飛行機がつくれないというコンプレックスがあったけれど、太平洋戦争中から4発の大型飛行艇をつくっていた新明和の前身、川西航空機はそんな不安を一掃してくれる会社だったのです。

    そこに、いらしたのが飛行艇命の炎の設計者、菊原静男氏。

    氏は工員の立場で入社したにもかかわらず次々に革新的な飛行艇を生み出し、前作の九七大艇を踏襲した二式大艇は当時、世界から抜きん出た性能を誇った。

    また戦後、多くの名設計者たちが他の業界に移った後も航空機への情熱を失うことなく、戦後初の飛行艇PS−1を世に送った。

    現在のUS−2はその血統を受け継ぐ末裔である。

    このコミックを読むと、その飛行艇屋の遺伝子を絶やすことなく、今に残し、未来に希望をつなごうとしているのか、その片鱗をうかがうことができる。

    戦後、なぜアメリカは飛行艇開発をやめたのか?と、問う菊原氏に、アメリカの会社は意欲をなくしたからだと回答した。それを聞いた氏は開発には航空機への愛情が必要だと感じたという。

    険しい道のりでは、たとえ成功への道筋が存在したとしても、そこに熱狂的な執着や情熱をもった人間がいないと航空機開発のような事業は成就しないということなのかも知れません。

    他人の成功例を学び、趨勢に追従し、失敗をしないだけの選択肢からでは、この大きな成果もないことを考えると、周囲の見方を根底から変えてしまう呆れるほどの執着は大事なことなのかも、と、ボクは思うのでした。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM