ニセ札名人とのふれあい

0

     

    そのお母さんの財布には息子が過去につくったという

    お札が入れられていた

     

    編集_P1410792.jpg

     

    その紙に描いたお札の絵柄は

     

    編集_P1410798.jpg

     

    紙の片面にそれぞれエンピツで丹念に描かれており

     

    編集_P1410800.jpg

     

    支援者によって両面を背中あわせにパウチされ

     

    編集_P1410807.jpg

     

    大事にされていたが、かなりの数がつくられたらしく

     

    編集_P1410797.jpg

     

    その一枚をもらうことができたのだが、このお母さんと

    つながりが出来たきっかけは

     

    編集_P1310253.jpg

     

    こんなものをつくるキッズの作品を見せていたときに感じた

    親同士の親近感からだった

     

     

    余計な御世話かも知れませんが:

     

    自分の子どもだからという理由からだけではなく、多様性を許容する豊かなヒトとヒトの関係をつくってゆくために多くの親御さんにお願いしたい。子どもが何かにとりつかれたように一生懸命やっていることがあったら、「そんなことばっかりやってて勉強は大丈夫なの?」とか「もっと他に大事なことがあるんじゃないの?」と親切に指導する前にそっと見守ってあげて欲しい。子どもの持って生まれた才能を止めないで、そうお願いしたい。

    いろんなものに触れさせて、聞いてきたら相談にのり、やりたいことがあったらやらせてみましょうよ。大人は今まで経験してきた価値観でシアワセの方程式をたてがちですが、未来に生きる子どもたちは大人よりずっと柔軟で新鮮な感覚を持っています。みんながやっているからという流行ではなく、子どもたちが自ら興味を持ち選ぶものは、きっとその子の将来にとって必要なものだと思うのです。

    いろんなものを選ぶ子どもたちが居て、いろんな才能を伸ばすことができたら、自分に自信をもつと同時に他人とも敬意をもって連携することで、もっと豊かさが生まれる。ボクはそう思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    フフフ。同じ傾向をもつボクにとってもキッズにとっても落書きは大事なものです。
    息子さんの言うとおり落書きは勉強以上に、明日を開く力をもっています。
    ちゃんと落書きしてる?以前、ここに書きました。
    http://piccolo.yaeyama.main.jp/?eid=127
    こうなると、落書きにはどれだけ隠された想像力を駆使しているかを知ることが出来ます。勉強は貯蓄、落書きは明日の資産。バランスを保ちましょう。ご来島、待ってます。
    成績が!平均点が!と言い過ぎて、息子が絵を描かなくなっていたことに気づきませんでした。
    石垣島から戻って私の中で何かが変わった事を察したんでしょうかね?少し前からまた描き始めました。授業中にですけどね(笑)
    『ほんとに面白くない授業を無駄に聞くより、絵の技術あげた方がよくね?』
    と言った息子、今度は一緒に石垣連れていきます。
    • 偽造紙幣保護推進委員会
    • 2018/07/19 10:38 PM
    うふふ。それは八重山病の兆候かも知れませんね。
    ボクも30年前に竹富島に遊びに来て、本当の海の美しさ、人間の豊かさ、子どもたちのたくましさに触れ、もっともっと知りたくなり通い詰めて気づくと浦島太郎になっていました。
    そんな魅力ある場所なので、ここで子どもたちを点数なんかでは評価されない規格外のオオモノに育てたいと思っています。
    あれから心を石垣島に置いてきてしまった感じです。この年で価値観が変わることってもう無いと思っていました。
    学校、勉強、学習と、煌めく命、才能、豊かさと…大人の視野が狭くなっていることに気づかされました。
    人生を満喫して生きる、カッコいい大人になりたいものです。
    • 偽造紙幣保護推進委員会
    • 2018/06/02 11:08 AM
    今の財務省はあんなカンジですが、目を輝かせて一心不乱にニセ札をつくる子どもたちの魂は明日の世界をも創造します。
    少なくとも自分から興味を持って打ち込める対象にはその子にとっての価値があるものです。
    本来、ニセ札づくりは金に目がくらんだ無法者の所業ですが、あの1枚1枚手作りのニセ札には愛を感じました。お金のためでも出世のためでもないクリエイティブで愛のある才能に蓋をすることなく育ててゆきましょう。
    また青い海を感じにおいでください。お待ちしております。

    あっ!このニセ札はっ!!
    あれからずっと『子どもの才能を邪魔しないで』という言葉と石垣の美しい青い海が、頭から離れません。
    『画家では食べていけないでしょ』
    『この成績じゃ都立の芸術高校は無理』
    『絵を描きたいなら勉強しなさい』
    いつからそんなことしか言えない親になっていたのか、自分に恐怖を感じます。
    自分の目指す学習支援が、子どもの才能の邪魔になる事の無いよう、考えるきっかけにもなりました。
    しかし、こうして改めてみるとこのニセ札、パワーありますね(笑)
    • 偽造紙幣保護推進委員会
    • 2018/05/29 8:37 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM