自分だけのセンサー

0

     

    その人独自の興味とは何か、それの答えを求めるのは難しい

     

    編集_P1460329.jpg

     

    天井についている感知器は誰でも1度は見たことはあるだろう

    しかし感知器に深い興味を抱く人は少ない

     

     

    編集_keihouki.jpg

     

    火災の際に煙や熱を感知して警報を発する感知器の設置は

    2018年以降の新築の建物には義務付けられているので

    けして珍しいものではありません

     

    編集_P1450765.jpg

     

    しかし自分で作る人は稀です。上はRh君がつくった感知器です

    テストや警報停止用のひきひもを再現したものもあります

     

    編集_P1450728.jpg

     

    押しボタンや警報機のスピーカーらしきスリットなどがあることから

    特定の感知器をモデルに製作されたことをうかがわせます

     

    編集_P1450729.jpg

     

    そして、受信機につながらない単独設置の警報機には電源として

    電池がセットされていますが、これはホンモノの単3電池が埋め

    こまれていますね

     

    編集_DSCF8071.jpg

     

    ボクも彼のセンサーへの興味の一旦を理解すべく、一緒に

    警報機を製作してみました

     

    編集_DSCF8072.jpg

     

    何がこだわりなのかを知る上で、少し、いつも使っている

    紙以外の素材として発泡スチロールも使ってみます

     

    編集_P1460319.jpg

     

    ボクなりの感知器ができました。さかさまのUFOのような気にもしますし

    天井にそっと貼りつけておきたいイタズラ心をそそります

     

     

    独自のセンサー:

     

    ひたすら自由工作に励んでいるRh君は、飛行機も携帯電話も作っているという話を伺って作品を拝見したところ、ぴっころブログで何度も気になる対象として登場してきたアールブリュット的なものを感じたことを以前、書きました。

    Rh君はまだ小学校に入ったばかりなので、他に育まなくてははならない初期教育での課題要素は多い時期と考えてはいますが、この好きなことへの執着は人一倍ではないかと感じています。

    落ち着きのなさなどから悲観的な見方もありますが、今もっている興味を維持し伸ばしてゆくことで同調教育での弱点とされる彼の弱みを強みに転じるときがいずれやってくるのではないかと考え、一緒に工作などをする時間をもつことにしました。

    個人的に好きなことをず〜〜〜っと続けられる、それ自体が天才であり能力だと考えていますが、まずは学校の勉強を周囲と一緒にできるようにがんばれというのが普通のアドバイスであることも十分、承知をしています。

    そうした環境のなかで、自分だけが持っている興味は誰からも否定はされるものではないし、続けていれば友達も少なく教室で浮いていた子でも世界中には同じ興味をもつ仲間の存在に気づき急激に成長したり企業で不可欠の存在になることもあるのだろうとの期待を持ちますし、今は人間としての誇りがつぶれないだけのサポートをするのがボクのできる役割かなと考えています。

    だって、紙の感知器に電池入れてあちこちに設置するセンス、面白いじゃないですか。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM