アムロちゃんの撮り収め!?

0

     

    9月16日をもって引退する沖縄出身の歌手、安室奈美恵への感謝をこめて

    JTAの女子職員が企画し、期間限定で就航したAMURO JET

     

    P1510670.jpg

     

     

    昨日、ラストコンサートも追え、ステージからは姿を消す本人とともに

    AMURO JETも通常塗装機に戻されるのでは?

     

    P1510702.jpg

     

    スケジュールを見るとそのAMURO JETが16日石垣島にやって

    来ることになっていたので、さっそく撮ってきた

     

    P1510741.jpg

     

    もしかしたら、これが最後の石垣島になるのかも・・・とちょっと期待

    したのだが、どうやら明日も来るらしい

    客商売はAMUROちゃんの芸能活動ほど潔くはないもののようだ

     

     

    アムロちゃんと日本人:

     

    引退の日、916が近づくにつれ全国ニュースでもアムロちゃんの姿をバックにHEROを聞く機会が増え、日本国内は安室奈美恵一色に染まっていった。

    そして昨日、最後のライヴ地をふるさと沖縄に選んだアムロちゃんは多くのファンに惜しまれつつ華やかな舞台を後にした。

    14歳でデビューし、母の制止を振り切って上京、芸能生活25年、日本を代表する歌姫となったアムロちゃんの引退。

    チケットも持たず大挙して全国各地から会場につめ掛けたファンの存在は彼女が万人に愛されるシンガーであると同時に内地と沖縄をつなぐ架け橋であったことを物語っていた。

    彼女の出現で、それまで、どことなく差別的だった内地のウチナーンチュへの対応が変わったといわれる。渋谷にアムラーが闊歩するようになって沖縄は憧れの地に変わったというのだ。

    様々なイデオロギーや悲しみを乗り超えて大スターになった彼女だが、しなやかに生きながらも自分を貫く生き様に勇気づけられ、共鳴する女性ファンが多いのもセクシーで熱い男性ファンの視線を浴びる他の女性シンガーとの明確な違いではないかと思う。

    芸能の道をこころざし上京、小室氏に出会いブレーク、そして結婚、出産で休業、復帰、きっちりお仕事、歌い終えて40歳で引退、ふるさとに帰る。

    すべきときにすべきことをする。後戻りのないスゴロクを見るようで、男からみても清清しい。

    普通だったらフリダシニモドルがあってもおかしくない。ここまで彼女を強くした哲学はいったいなんだったんだろう。

    たぶん、まだメディアに流出していない彼女のエネルギー源がどこかにあるに違いない。そのヒミツを知りたいなと思いつつ、目に浮かぶアイドルは南沙織、安室奈美恵、大坂なおみ・・・ん?

    ちょっと色黒、エキゾチックな日本人女性に熱くなる我々の傾向を見出し微笑んでしまうワタシであった。

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM