鎖毛布のヒミツ

0

     

    チェーンブランケットと呼ばれる毛布を知っていますか?

     

    編集_P1640060.jpg

     

    発達障害の子などに対して安眠効果が期待される

    内部にチェ〜ンを縫いこんだ重めの毛布です

     

    編集_P1640062.jpg

     

    それでは、さっそくみ〜ちゃんとま〜君に

    試してみてもらいましょう

     

    編集_P1640047.jpg

     

    あらら、不思議。アッという間に仲良く深い眠りに

     

    編集_P1640044.jpg

     

    爆睡から目覚めた二人はこころなしかスッキリした

    幸せそうな顔してませんか

     

    編集_CB.jpg

     

    実はホンモノはコチラ。ちょっとなまめかしい感じですねえ

     

    編集_DSCN4948.jpg

     

    こら〜誰だメーキング風景を撮ってんのは?

    撮影中のあやしいオジサン

    ちょっと変態オヤジっぽいではありませんか

     

     

    チェ〜ンブランケットのこと

     

    はじめてチェ〜ンブランケットの存在を知ったのは千歳で行われた作業療法士学会で展示を行ったときのことだ。

    我々の「手であが〜る」の展示ブースの隣がラーゴムジャパンさんという会社だった。

    その後も縁あって北九州の国際福祉機器展でも一緒になり、取り扱い品のチェ〜ンブランケットが北欧生まれで、チェ〜ンを縫いこんだ重めの毛布であり、ADHDやアスペルガーなど発達障害児の睡眠にも効果があることを教えてもらった。

    北欧では福祉機器としても認知され、その効果を認められたものなのだそうだ。

    かくいうアスペルガーのボクもご他聞にもれず、ご幼少の頃は漫画スヌーピーに出てくるライナス君のように安心毛布を始終持ち歩いていたから毛布にはチトうるさい。特に質感や肌ザワリは重要で、厚め、重めでまっさらではなくクタクタになったものを好む。

    なんと息子たちにも同じ嗜好があって最上級の毛布に「3号さん」の称号をつけ、占有権をめぐって夜な夜なバトルが繰り広げられていたりもする。これに包まれていると至福なのだ。

    話をチェ〜ンブランケットにもどそう。

    このチェ〜ンを中に縫いこんだ毛布なのだが、さすが福祉機器だけあって購入するとなるとけっこうする。貧乏ぴっころの手の届く価格ではない。

    かくして裁縫上手なスタッフAちゃんにDIY店で買ってきたチェ〜ンを使って作ってもらったのが今回、写真のなんちゃてチェ〜ンブランケットだ。

    ボクも寝てみたが、かなりずっしりと重く「守られている感」が半端でない。わずかな刺激でも起きてしまう鋭敏な子どもたちに効果があるというがぴっころではどうなのだろうか。
    なんちゃってではあるが、その効果を試してみたいと思っている。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM