歩行者信号機のその後

0

     

    今回は前回の歩行者信号機の改造に取り組みました

     

    title.jpg

     

    Rh君は小型化したものを持ってやってきました

     

    P1650799.jpg

     

    更に独自のアイデアで改修を加え、表示板が差し替えで

    取り替えられる工夫をしていました

     

    P1650797.jpg

     

    押しボタン式をはじめ、スクランブル式、時差式信号機と

    一つぶで2度、3度おいしいシステムとなっていました

     

    P1650775.jpg

     

    ボクは前回の大型信号機を準備した柱に取り付け、点灯スイッチを

    マイクロスイッチから素朴なスイッチへと交換します

     

    P1650732.jpg

     

    これにより、手動で好きな点灯も点滅も同時点灯までも(?)

    いか様にでも演出が可能になりました

     

    P1650859.jpg

     

    かなりワイルドではありますが出来上がった歩行者信号機を

    スタッフの前で披露してみせるRh君

     

    P1650834.jpg

     

    こだわりのポイントであった青から赤に変わる前の青の点滅は秀逸

    ピッポー、ピッポーの効果音の再現にスタッフ一同爆笑

     

     

     

    これがやりたかったんだよね。夏休みの工作並みの大作!

    雨の中ですが、おうちに持って帰ってもらいました

     

     

    相互啓発・・・

     

    Rh君はぴっころに来てから、ずっと麦畑を口ずさんでいる。

    本当の邦題は「故郷の空」というのだそうだが、昔、ドリフが歌っていた「だれかさんと、だれかさんが麦畑〜♪チュッチュチュッチュしている・・・」の方が個人的に馴染みがある。

    最初、なんでそんな古い歌を知っているのかが不思議だったが、そういえば歩行者信号機で青の間のBGMに「とうりゃんせ」や「お馬の親子」と並んで、この麦畑があったことに気づき思わず吹いた。

    もう頭の中は歩行者信号機でいっぱいなのだろう。

    日常的に周囲にある事物に興味をもつと同時に新たな構想を思いつくやハサミと紙を持ち出し、気づくと創造活動につっ走っている。これが彼独特のスタイルだ。

    興味の持ち方が集中的であり、独自に生まれる企画のビジョンは明確で、周囲を巻き込みながら強力にゴールに向けて爆走する。出来たものは確かに面白く、周囲から感嘆の声も聞こえてくる。

    独自な創造のできる人、今、世界が欲している、とても必要な人材だが・・・と、ボクはまた考える。

    やって良いこと悪いことの確認なく進める暴走と興味外には反応を示さない一方通行の会話、注意が効かないことで生じるトラブルやリスク。行動制限によって失うチャンスなど・・・

    好きなものが、やるべきことと一致した場合の彼の達成能力は卓越しており、やり方もユニークだ。彼の才能が社会に広く受け入れられるために、どんなサポートが必要なのかはボクにもよくわからない。

    おそらく相互に利益を享受するためには彼自身にも社会側にも変わるべき部分が多々あるような気がする。

    ただ、彼の考えは言葉で明確に主張していないにも関わらずボクには分かってしまう。なぜならボクも同じ色を持っているからだ。

    自分への課題を人へのサポートというカタチで与えてられている気もする。神様というものは実に皮肉な試練をお与えになるものである。

     

     

     

    Rh君の頭の中をぐるぐる回っていたのは、きっと、これなんだよね。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM