光についてのブラックな考察

0

     

    闇から差し込む光に神秘的なものを感じるのは

     

    ヒトの本能のような気がする

     

     

    title.jpg

     

     

    上は今回の日食の映像だが、神聖な光を楽しむ試みは

     

    ぴっころでも、やっているよね

     

     

     

    redDSCF1802waku.jpg

     

     

    redDSCF1805waku.jpg

     

     

    redDSCF1786waku.jpg

     

     

    redDSCF1833waku.jpg

     

     

     

     

    どれどれ、各自いろいろな作品が出来たみたいだ

     

    作品をみてみよう

     

    redDSC06963waku.jpg

     

     

    redDSC06962waku.jpg

     

     

    redDSC06961waku.jpg

     

     

    redDSC06960waku.jpg

     

     

    redDSC06959waku.jpg

     

     

    redDSC06958waku.jpg

     

     

    redDSC06956waku.jpg

     

     

     

    怪しい美しさの秘訣

     

    おしるこに塩を入れると、甘みが増すという。ちょっと違うかもしれないけど、光という主役をひきたたせる名脇役は闇だと思う。

    情報の多くを視覚に依存するヒトにとって光はもっとも重要なもののひとつだが、その光は溢れる光の中では目立たない。

    闇に浮かび上がる光にありがたさや美しさそして神秘的なチカラを感じる所以だと思う。

    夜空の星、洞窟に差し込む光、闇に対して光は神々しく輝く。きっと教会のステンドグラスは、そうした心理を利用してつくられているんだと思う。

    ぴっころの子どもたちが作った光のゲイジツは、ブラックマスクの隙間から差し込む夏の光に照らされて教会ぴっころを演出していた。

    九州の友達が今回の日食を撮った面白い写真を送ってくれた。下の写真だ。

    穴あきおたまの小穴を通った光がそれぞれに欠けた太陽のタカチになっているという。

    ピンホールカメラの原理によるものだが、ここでも闇の中に浮かぶ多くの太陽がおお〜!っと感動を誘う要素になっていた。

     

     

    red104393120_2030476563743773_1810224045065592378_nwaku.jpg

     

    これを見たら、ヨットを操るアラン・ドロンはきっとつぶやくんだろうな

     

     

     

     

    「太陽がいっぱい」って

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM