与論島で起きていること

0

     

    鹿児島県の南端に位置し、美しい海に囲まれた与論島

     

    ここで新型コロナのクラスタが発生した

     

    ws01384.jpg

     

     

    今まで、感染者が居なかったところにウィルスを持ち込む。

    その危険を今回の場当たり的なGoToキャンペーンは、ほとんど考慮していない。

    与論に限らず島で集団感染が発生する怖さは、ここ石垣島でも、また周囲の離島でも同様だ。

    それどころかこの4連休、有名観光地は観光客が減っているにも関わらず人気の高い石垣島は逆に増えていて、石垣島から渡る周囲の西表島や竹富島といった人気観光地は戦々恐々としている。

    診療所しかない離島は、重篤化すれば島外搬送するしかない。自宅も集落もボーダーレスの家族的な生活圏である離島では症状もなければ気付いたときにはクラスタになっている可能性も高い。

    一度、発生すれば観光業の受けるダメージだけでは済まない。かけがえのないキーマンの感染は島生活そのものに大きなダメージを与える。

    水際でのサーモグラフィはあてにはならない。入島する以前にPCR検査が出来ないのであれば、せめて抗原検査を導入してもらえないものだろうか。

    医療のない島々に、検査もせず症状もない若者が持ち込んだウィルスによって島のお爺、お婆が亡くなったらキャンペーンは後味の悪い失政として記憶に残るだろう。気付かず持ち込んだ方も立つ瀬がない。

    モーニングショーでは検査で起こる偽陽性の問題を持ち出して日本のPCR検査が大規模に拡張できない理由とされていたが、ハンセン病と新型コロナウィルスではまったく状況が異なり、到底納得の行くものではなかった。まだ何かあるに違いない。

    経済は安心して金の使える環境でまわる。すべてに安心できない今、社会を崩壊させないために我々ができるのは、3密を避け、手洗い、マスクをし、不要不急の移動をやめることぐらいしかない。

    全国にばら撒いてしまった以上、今後は高齢者への感染と医療の逼迫が鍵になる。この壮大な社会実験を通して我々は何を得ることになるのだろう。

    根本的に生活を見直さないと命と金を天秤にかける時代に終わりはないように見える。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM