アウトサイダー・アートってなんだ?

0

    アートキャンプ2016 アール・ブリュットとの出会い八重山展

    そう題された展示会を見に行った


    P2040285.jpg

    アール・ブリュットって言う人がいるのかと思ったら・・・

    P2040286.jpg

    「アール・ブリュット」とは - 仏:Art Brut 「生の芸術」という意味のフランス語

    なのだそうだ

    P1470560.jpg

    歩いてゆくのも暑いので、みんなでクルマででかけた

    P1470562.jpg

    初日は祝日というわけでもなく、空いていて鑑賞には好適だった

    P1470559.jpg

    U君は、大好きなお寺にゆくノリだが、仁王さんはいないからね

    P1470563.jpg

    展示室内に入ると同時にぴっころ航空担当の目の色が変わる!

    P1470571.jpg

    いったい、な、な、なんだ!これは・・・

    P1470569.jpg

    うっひょう。すげ〜や!エールフランスということはコンコルドか?

    P1470564.jpg


    どうしても作品を撮りたい航空担当。本当はダメらしいけど、特別にお願いして

    飛行機関係だけ撮らせていただいた。10年以上前の作品でセロテープは

    変色しているとのことだが発しているオーラは鮮烈だ

    P2040283.jpg

    展示品の中にはぴっころにあったTシャツに描かれたこんな画もあった

    こちらは展示で売られていた図録から撮影させていただいた

    P1470572.jpg

    子どもたちはどう感じたかは分からないですが

    アール・ブリュット”生の芸術”の意味を調べたくなって帰って参りました


    NOTE:

    アール・ブリュットってこれかあ・・・連休なのにあまり外に連れて行ってないので、ちょうど良い作品展かなと展示の意味も理解せず出かけたぴっころだったが、利用者の反応以前にワタシが生の芸術にとりつかれてしまった。
    その一方で、作品自体は素朴でワタシ自身にとってもどこか身近な雰囲気をもつ作品である。にも関わらず取り扱いや題名に違和感を感じたのも事実。
    アール・ブリュットをWIKIると書いてある・・・

    【フランス人画家・ジャン・デュビュッフェがつくったフランス語「アールブリュット(Art Brut、「生(なま、き)の芸術」)」を、イギリス人著述家・ロジャー・カーディナルが「アウトサイダー・アート(英: outsider art)」と英語表現に訳し替えた。】

    すなわち英語だとアウトサイダー・アートと訳されるらしく、またアウトサイダー・アートは

    【アウトサイダー・アート(英: outsider art)とは、特に芸術の伝統的な訓練を受けておらず、名声を目指すでもなく、既成の芸術の流派や傾向・モードに一切とらわれることなく自然に表現した作品のことをいう。アウトサイダー・アートを作る芸術家をアウトサイダー・アーティストという。】

    ことのようだ。これはこれで言葉の意味としてワタシもすんなり納得する。でもそれだけじゃないような雰囲気が分かち難く漂っているのも感じるのだ。言外の意味なのかも知れないが・・・こうも書かれている。

    【デュビュッフェ自身は知的障害者が描いたものとは一切言っていないが、狭義にはそういった障害者の作品を指していうことがままあり、一般的にもアウトサイダーアートというと知的障害者、精神障害者あるいは精神病患者が精神病院内におけるアートセラピー(芸術療法、クリエイティヴ・セラピーの一種)などで描いた絵画と思われがちである。】

    多分、ボクはこの部分にモヤモヤとした違和感を感じたのだ。
    言ってみれば伝統的なアート手法や美術の権威から解き放たれた自由な作風を主流からは外れたアウトサイダーと呼ぶのはいい。でも、それを病気だから・・・としてしまうようなくくりはどうなのよ?っていう違和感なんだと思う。
    性癖柄(?)、個人的に飛行機を作った上里さんに興味をもつが、緻密であってもけして写実ではなく、ジェット機をモデルにしながら紡錘形の胴体は日本の一式陸攻やB−26マローダーを彷彿させ、太い胴体にとりつけられたMIG21のようなペラペラな主翼と合体して彼の理想や主張を表現しているようにも見える。
    すると紡錘形の胴体にこだわり続けた飛行機設計者、堀越二郎氏がゼロ戦の優美なボディを設計したのと根底には同じモチベーションがあったと考えるのが自然だが病気のなせる業だったのか。
    まあ、そう考えてしまうとクリエーターなんて、所詮みんな病気なんですよで、済んでしまう話なのかも知れないのだが、ボクの脳内に漂った霞のようなモヤモヤをモヤモヤのまま吐き出してみた。きっと、また考えちゃうと思う。

    基本的に会場内の作品は撮影禁止なのでブログでは、その多くをお見せできませんでしたが、展示会は5月8日(日)までやっています。
    興味のある方はご自分の目で確かめに行ってみてください。入場は無料です。



     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM