ベランダを吹き抜ける新しい風

0

     

     

     

     

    編集_P1190883.jpg

     

     

     

    編集_P1190913.jpg

     

     

     

    編集_P1190925.jpg

     

     

     

    編集_P1190911.jpg

     

     

     

    編集_P1190910.jpg

     

     

     

    編集_P1190926.jpg

     

     

    人類と車輪とのつきあいは長い、うまく使うと

     

    ぼくらの世界は広がるね

     

     


    フライトぴっころ熱い5日間

    0

       

       

      まえがき

       

      「脳みそ使え」事件以降で、石垣島が一番、連日、全国ニュースを賑わせた案件。

      それはエンジン不調に伴う普天間基地所属のMV-22オスプレイの石垣空港への緊急着陸だった。

      ぴっころでは航空班の一番ながい日でもちょっとご紹介したことから、あの後、実際の飛行は見られたのですか?とブログをご覧の方からお問い合わせをいただきました。

      その手の関係諸氏には現地、石垣島として逐次状況発信を続けましたが、ぴっころの読者にまで気を揉んでいただいているとは思いもよりませんでしたので、今回、事件の一部始終をここでご報告させていただくことにしました。

      ご納得いただけましたら幸いです。

       

      ここからが本文になります

       

       

      9月29日17時ごろ、オスプレイが新石垣空港に緊急着陸との報が入ってきた

      それは一大事とハルコさんに送迎を代わってもらい

      即、キッズとともに現地へと向かう

       

       

      いたいた。オスプレイ2機。日も暮れて本日中に修理してすぐ飛ばせるような状況ではなく、トーバーがつけられ2機とも海保側に移動。

      そばに待機していた多くの隊員たちも宿泊地へ移動していった。

       

       

      当該機のオイル漏れなのか、機体の位置の地面にあった何かの痕跡を清掃している様子がみられた

       

      P1180809.jpg

       

      翌30日はフライトぴっころの活動として、A君も含めて現場を観察にゆく。2機そのまま駐機しているが、奥が故障機、手前は故障機と随伴して着陸した機体だ。よく見ると健全機のプロップローターが飛行機モードに変更されたりもしている。

       

       

      健全な機体は飛ぶだろうとの予想のもと様子を見守るぴっころ航空班だったが、飛行前の整備をしても飛ぶ気配がない。

      もしかすると飛ばすための機材や人員が不足しているのかも知れないが、詳しく分からない。

      そこへ突如、南からC-130が進入してきた。

      もともと輸送機だが、よくみると翼下につけられた増槽には空中給油の出来るタンカーパッケージを備えていて給油機型のKC−130Jであることがわかった。

       

       

      KC−130Jは飛行に必要な何かを持ってきたのではなく、オスプレイの荷物と人員の一部を乗せて飛び去っていった。

      かくして、ぴっころ航空班の期待していたオスプレイのフライトは、時間を延長して待ったにも関わらず見られないまま後日へ持ち越しとなった。

       

      P1190425.jpg

       

      その翌日の10月1日は日曜日でほぼ動きはなく10月2日を迎えた。

      不調と言われた「3」の機体の右エンジンを中心に整備作業が続けられていたが、また今日もダメかとあきらめかけたころ、今度は救援機と思われる同型機オスプレーがダウンウィンドに姿を現したかと思うと仲間2機の待つエプロンに到着し、民間の石垣空港にオスプレイが3機という開港以来初となる、珍しい光景が見られた。

       

       

       

      救援機が到着したときの風景だ。地上滑走でティルトローターがどう動いているのかを注意して見てもらうと、興味深い。

      推力軸を前傾させプロップローターの出すスラストの前向き成分で前進している。

      また速度を落とし、停止する直前ではやや後傾から垂直へとティルトさせている様子がわかる。

      この推力線の変更こそが、この機体の最大の特徴であり、飛行中では制御の難しい部分でもある。

       

       

       

       

      今回は救難機によってもたらされた恩恵で離陸準備が整ったのか、荷物を降ろして引き返した救難機を追って故障のない機体の方が無事飛ぶようだ。

      待ち構えていた隊員たちが、救難機から多くの物資を下ろすと、残された故障機1機の整備、運用の人員を置いて故障のない「2」は離陸のため滑走路北エンドに向けてタキシーアウトしていった。

      乗り込んだ隊員のなかにはご覧のようにホットパンツ姿の女性もいた。

       

       

      mv22-17.jpg

       

       

      北エンドに到達したオスプレイはティルトローターを少し前傾させたかと思うと走り出し、ふわ〜っと浮いた。

      もともとVTOL(垂直離着陸)が出来る機体だから、その場でも浮けるのだが、この方が燃料効率が良いのであろう。

       

      mv22-13.jpg

       

       

      更にティルトを前向きにしながらランディングギアを格納する。クリーンになったオスプレイは更に加速を続け、主翼の揚力のみで自重がまかなえるようになる頃、ローターは通常の飛行機で言うプロペラに変わっていた。

      この一連の動きがホバリング性能と高速、長大な航続距離を誇るオスプレイの真骨頂である。

       

       

      mv22-12.jpg

       

      滑走路端から旋回をはじめ、飛び去ってゆく後姿は飛行機でもない、ヘリコプターでもない独特のシルエットを夕闇の空に浮かび上がらせていた。

       

      mv22-06.jpg

       

      そして、今回の緊急着陸の原因となった、警報灯の点いた故障機はエプロンに1機残され、翌3日も終日修理に追われていた。

      直前にあった大分の故障機の修理では11日間かかったことから、今回もその程度の期間は必要なのかも知れないという空気も漂う。実は、救援に来たオスプレイは前回、大分でトラブルを起こした機体でもあったのだ。
       

      P1190720.jpg

       

      緊急着陸から5日目を迎えた10月4日。修理も終了間近に見えた。

      配管の修理を終え、ミッションオイルや油圧オイルを給油しているあたりから、それほどかからなそうに思えた。

      もしかしたら、そろそろエンジンランナップ。

      問題がなければ本日のテイクオフが視野に入ってきた。

       

      P1190802.jpg

       

      開けていた、アクセスカバーを閉めて、飛行前点検らしい確認行為をしている姿が見られ、これはエンジンランで問題がなければきっと飛ぶとの確信に変わっていった。

       

      P1190562.jpg

       

      周囲に散らばっていた荷物も機体内に収容され、オイル受けに使っていたタフブネも返却、問題箇所のチェックに使われる脚立も機内にしまわれた。

       

       

      だが、すでに7時をまわり周囲は暗くなっていった。

      これはエンジンランまでで今日は終わり、空港の営業時間からも出発は明日の午前かも・・・そんな雰囲気とこれ以上暗くなったら撮影は困難との判断でぴっころ取材班も撤退した。

       

       

      オスプレイに関して次のニュースがもたらされたのはその日の晩の9時過ぎだった。

      Ohhh!やっぱり飛んだのか。

      空港クローズ直前の8時57分のテイクオフ、向かった普天間基地には約1時間での到着だった。

      フツーのヘリではあり得ない!やるなオスプレイ、そしてNHK。

       

      こういうことになってましたNHKニュース

       

       

       

       

      報道との間で考えた:

      オスプレイの緊急着陸という降って沸いた島の大騒動。

      一部の地元メディアや住人からは、民間航空施設の軍事利用は許さない!いつまで居るんだ!等の避難を浴びていた。

      だが、オスプレイ自体には何の罪もなければ、一般人の評価は何を目的にどう運用するかで変わるものだと思う。

      ワタシにとっては多くの特長を備えた航空機の1形式であり、技術的興味の対象だ。

      同じように興味を持つ方々も居られるとみえて機体の周辺には三々五々やってきては、様子を眺め写真を撮って去ってゆく住民たちの姿がみられた。

      また航空機の歴史を辿れば、こうしたオスプレイのような航空機への要望は古くからあった。

      その場から飛べて、速く遠くへ飛べる夢の航空機を実現させたのは、国家を超え、時代を超えた航空技術者たちの夢と努力のたまものなのだ。

      以前、普天間へ行ったときも遠くから垣間見ただけだったティルトローター機を間近で見られたことは、タナボタ的ではあったにしてもワタシにとってはラッキーだった。

      そして民間型も開発されるようになった今日、将来、離島の物資や旅客輸送にも使われるとすると、必要なのはアレルギー反応や排除ではなく正当な技術評価と改良、安全面を配慮した運用の仕方ではないかと思うのだ。

      優れた技術は危険も併せ持つ。ここでも問われているのは技術と人間のあり方なのだろう。

      北朝鮮のICBMが核を装備し我々にとっても脅威となっている今日、ロケットも飛行機もなかった時代の方が良かったという方が居られてもワタシは否定はしない。けしてその時代は平和ではないとも思うけど・・・

      人間とは、げにやっかいで、ろくでもない、すばらしき生き物である。

       

       


      北斎の幼少時代を見る

      0

         

         

         

        編集_DSCN9440.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9448.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9450.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9433.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9438.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9437.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9422.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9432.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9417.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9423.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9421.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9419.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9415.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9414.jpg

         

         

         

        編集_DSCN9413.jpg

         

         

        絵筆と絶やさぬ興味を持っていれば

         

        子どもはみな巨匠だ

         

         

         


        ぴっころの和室、その光と影

        0

           

           

           

          編集_DSCN9029.jpg

           

           

          編集_DSCN9028.jpg

           

           

          編集_DSCN8998.jpg

           

           

          編集_DSCN8994.jpg

           

           

          編集_DSCN9023.jpg

           

           

          編集_DSCN9028.jpg

           

           

          編集_DSCN9025.jpg

           

           

          遊んでいるのか、遊ばれているのか

           

          闇のぴろぴろ大王とブラックサザエさんとの対決は続く

           

           

           


          僕の愛車はFerrariです

          0

             

             

            編集_DSCN8995.jpg

             

             

            編集_DSCN9002.jpg

             

             

            編集_DSCN9006.jpg

             

             

            ル・マン式で愛車に駆け寄りスタートするドライバーのKs君

             


            手作りの薦め

            0

               

               

              編集_DSCN9022.jpg

               

               

              編集_DSCN9027.jpg

               

               

               

              編集_DSCN9014.jpg

               

               

               

              AIが活躍し、自動化が進む世の中だから

               

              ヒトにしかできないことをしよう

               

              ぴっころ流手づくりの薦め

               

               

               


              ピアサポート勉強会&交流会のお知らせ

              0

                 

                 

                 

                チラシのpdfファイルはここからダウンロード

                 

                逆立ちしてたらゴメンね

                 


                ハンドメイドアクセサリの魅力

                0

                   

                   

                  編集_DSCN8969.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN8964.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN8963.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN8971.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN8968.jpg

                   

                   

                  編集_DSCN9037.jpg

                   

                   

                  プラ板を切り抜いて着色しトーストしたら・・・

                   

                  上品なアクセサリーができた

                   

                   

                   


                  食べられる作品づくり

                  0

                     

                     

                    編集_DSCN0895.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN8914.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN8899.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN8895.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN8893.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN8888.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN0899.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN0880.jpg

                     

                     

                    編集_DSCN0879.jpg

                     

                     

                    工作との違いは作品を食べられること。かな?

                     

                     

                     

                     

                     


                    神とヒトとのコラボレーション

                    0

                       

                      必然と偶然が織り成す華麗なアート

                       

                      マーブリングの世界

                       

                      編集_DSCN0876.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0878.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0877.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0871.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0869.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0867.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0859.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0858.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0855.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0853.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0851.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0850.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0849.jpg

                       

                       

                      編集_DSCN0860.jpg

                       

                       

                      作者本人にもわからない作品の仕上がりに

                       

                      子どもたちの目が輝く


                       

                       

                       


                      << | 2/137PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM